Archives  karinnew/index

 

寝る・寝る

03月30日
のんびりとした休日、かりんの様子を観察してみると
チョコチョコと動き回っている時間よりも
眠ったり、伏せた状態でぼんやりしている時間の多いこと!
犬は、1日の3分の2くらいは眠って過ごすそうですが
「やっぱり~」と納得してしまいます。

karin_09_58.jpg

留守番の間、ケージに入れるのは可哀想だと思いがちですが
その時間のほとんどを眠って過ごしているのだと考えると
むしろ、狭い場所で安心できるのかもしれません。

母さんもかりんに便乗して、思いっきり眠りこけた~い。
Posted by: hako
||

失礼な母さん

03月28日
お手手をハミハミしていたら、母さんに名前を呼ばれたの。
「なぁに?」って顔を上げたら
母さんってば…ワタシを見ていきなり大笑いしたの~。
失礼しちゃうわ。

karin_09_57.jpg

ねぇねぇ、何がそんなに可笑しいのかなぁ?
Posted by: hako
||

遊び相手

03月26日
かりんに、ニンジンを横取りされるかと思いきや
未だにウサギさんとしっかり繋がっているぬいぐるみ。
かなり、お気に入りの一品となっています。

karin_09_55.jpg

ゴソゴソとオモチャ籠の中から選んで出してきては
ブンブン振り回したりして、独りで狩りの遊びをしています。

karin_09_56.jpg

激しく遊んだ後は、ちょっと一息つきながらウサギさんをペロペロ&クンクン。
「今日は、これでお終いにしようね~♪」…こんな感じでしょうか?
ウサギさんとニンジンは、まだまだ健在です。
Posted by: hako
||
かりんは月に1回、美容院で洗ってもらうことにしているのですが
今日は、かなりしばらく振りに、家でのシャンプーとなりました。
どうしてそうなったのか、まぁ~聞いてください。

夕方のお散歩に出掛けた母さんとかりん
いつもの公園へと足を踏み入れ、端っこの草むらを歩いていた時のことです。
いきなり、かりんが草むらに身体をスリスリと擦り付け始めました。
「ヤバイ!」と思い、慌ててリードを引き寄せたのですが…時、既に遅し。
かりんがスリスリした場所と、汚れた首周り&横っ腹を見比べながら
思わず半泣きになりそうな母さんでした。

karin_09_54.jpg

…てな訳で、散歩を早々に切り上げて風呂場へ直行となったのです。
魅惑的なニオイを身に纏い、かりんのテンションは上がったかもしれませんが
それとは逆に、母さんのテンションは…ド・ドーンと下がっちゃいました。
Posted by: hako
||

お墓参り

03月22日
この連休、クマのお墓参りを兼ねて実家へ帰りました。
主がいなくなり、ポツンと取り残された犬小屋を眺めながら
改めて、クマがいなくなったことを感じましたが
それでもまだ、何処かからヒョイと顔を出すのではないかと
ふと…そんな気持ちにもなりました。

kuma_09_04.jpg

お墓は、いつもの土手沿いの散歩コースそばにある
畑の一角に作られていました。
両親が毎日のように、趣味でもある畑仕事に出掛けるので
クマもきっと…寂しくないよね。
Posted by: hako
||

肉球軍団

03月20日
気持ち良さそうに眠っているかりんの姿を見たら、肉球が一同に会していました。
主は、さて置いて…各々にニオイ自慢が始まったようです。
「ワタシが一番『イイ感じ~♪』に熟成されていると思うなぁ~」
「えぇ~っ!ワタシだって負けてなくてよっ」

karin_09_52.jpg

いえいえ…みなさんお見事です!甲乙つけ難いニオイっぷりです!!
肉球軍団の集まりに、思わず放心状態になりそうな母さんでした。
Posted by: hako
||

待ってたよ

03月18日
昨日の晩、用事があった母さんは8時半頃に出掛け
帰宅したのが10時半過ぎでした。
「えっ、今から何処へ行くの?」と、問いかけるような表情で
玄関で母さんを見送ってくれたかりん

karin_09_51.jpg

その後、9時半くらいまで、リビングの窓から外を眺め
母さんの帰りを待っていたそうです。

「ただいま~」と言いながら、玄関のドアを開けた母さんが
小躍りするかりんに迎えられたのは言うまでもありません。
ああ…何て幸せな瞬間でしょう♪
Posted by: hako
||

公開セミナー

03月16日
先日、『人と動物の共生を考える公開セミナー』が開催され
母さんは、ちょっと足を延ばして参加してきました。
テーマは『人と動物が幸せに暮らすために -犬のしつけ-』

しつけに関する本をあれこれと読むことはあっても
実際に、生の講演を聞いたのは初めてでした。
「しつけとは何?」、「どうしてしつけが必要なの?」
具体的な例を交えての、非常に解りやすい講義でした。

karin_09_50.jpg

お話の中で一番印象に残ったこと、それは…。
問題行動がある場合、「それをやめさせること」ばかりに
ついつい気を取られてしまいがち。
でも、「NO!」ではなく、「そうそう!それがGOODなのよ!」と
望ましい行動を学習させていくことが、より大切だということ。

母さんはかりんに、望ましい行動をちゃんと教えているかしら?
反省を含め、大いに考えさせられたセミナーでした。
Posted by: hako
||
かりんの…いや、母さんの専らの悩みは、ニキビダニが発症した場所の毛が
待てど暮らせど、なかなか生え揃わないこと。

毛母細胞は、何かのきっかけで活動を休止したままになることがあり
そしてまた、思い出したように活動を再開したりする気紛れな(?)お方…とのこと。

karin_09_49.jpg

治療のためにバリカンで毛をかったところ、なかなか生えてこなくて
2年くらい経過した後に、やっと生え始めたという犬の話をドクターから聞きました。
かりんの毛母細胞は、「しばらくお休みします!」状態となってしまったのかも~。
これはもう、ひたすら「待つのみ」なのでしょう。

当のかりんは、毛があろうがなかろうが、全く気にもならない様子ですが
母さんは密かに…『雨乞い』ならぬ『毛乞い』の踊りでも踊ることにしましょ!
Posted by: hako
||

ココは何処?

03月10日
お気に入りのソファーの上にかりんがいないと思ったら…こんなところに!

karin_09_47.jpg

かりんが、まったり~♪な時間を過ごす場所は、ほぼ決まっています。
しかし時折、何を思ったのか・感じたのか、妙な場所に入り込んでいます。

karin_09_48.jpg

そんな隅っこに入り込んでいるということは、たぶん、いつもと違う心境なのね。
「ココの気分~♪」なんて強がり言っていないで、母さんに話してごらん。
Posted by: hako
||

桃尻復活!

03月08日
思わず、目を閉じて鼻を近づけたくなってしまう犬臭
ほわわわぁ~ん♪心地良く漂っていたかりん

とりあえず、ニキビダニは治まったようで
ドクターに「美容院行きOK!」とのお言葉をもらい
今までで最長となった、2ヶ月と10日振りに出掛けました。

karin_09_46.jpg

皮膚に優しい米ぬかエステをしてもらい
そして・そして…待ちに待った久し振りの桃尻カ~~~~ット☆
かりんのお尻が眩しいため、ついつい見惚れてしまい
少しの段差に躓きそうになった、母さんでした。
Posted by: hako
||
かりんと暮らすようになる、3年も前のことだったでしょうか。
市街で用事を済ませ、車を停めている駐車場へと向かっていた時
車道をフラフラと歩いている犬に出くわしました。
「あっ!」と思い、声を掛けながらそばに寄ってみたのですが
母さんの存在など眼中に入らない様子で、ササッと逃げてしまいました。

凄く気になりながらも、どうすることもできず帰宅したのですが
翌々日の新聞の広告・情報欄を見てビックリ☆
『捜しています!我が家の老犬が○日、△△町でいなくなりました』
○日…正に、母さんが、あの犬を見かけた日です。
△△町…場所もすぐ隣町で、特徴もよく似ていました。
慌てて、その犬を見掛けた辺りを車で走ってみましたが
その姿を再び目にすることはありませんでした。

karin_09_45.jpg

今も、そこを通る度に、ちょっぴり苦い思い出として蘇ります。
Posted by: hako
||

笛吹きかりん

03月04日
先日出掛けた公園で、いい塩梅の小枝を見つけたかりん
「ねぇねぇ、それ…ちょうだい!」
夢中で欲しがっている格好は、構えがちょっと違うけれど
まるで横笛を奏でているみたい。

karin_09_44.jpg

ふぅ~♪ふぅぅ~♪…音が出ませんね~。
もしも音が出たら、どんな音楽を奏でてくれるのかしら?
母さんは、神楽のお囃子がいいなぁ。
Posted by: hako
||

まだまだ

03月02日
男の子みたいに片脚を上げての用足しポーズと
まるでマーキングを思わせるような、チョビチョビの用足し。
「女の子なのに…?」と思いつつも、あまり気にしませんでした。
しかし、同じような用足しをするお友だちのワンちゃんが
膀胱炎だったという話を聞き、念のため検尿してもらいました。

karin_09_43.jpg

結果は…同じく膀胱炎。
腎臓の数値は正常で、結晶は見られなかったものの
1ヶ月間、抗生物質を投与することとなりました。

ニキビダニ絡みの薬が、やっと終わったところでしたが
かりんのお薬カリカリは、まだまだしばらく続きます。
Posted by: hako
||