本日の夕方は、「早く帰ろう~」とかりんに話しかけながらの
冷たい雨の中の散歩となってしまいました。
雨の日は、腹当てエプロン&レイン・ポンチョのダブル装備。
でも、頭・四肢・尻尾は容赦なく濡れてしまいます。

karin_09_59.jpg

風呂場で脚を洗った後、濡れた部分をタオルで拭きますが
マズルの上など、あっちこっちが湿っています。
そっと鼻を近づけてみると…濡れた犬の独特なニオイ。

そう言えば、ワインの香りを表現する言葉のひとつに
『濡れた犬』というのがあったっけ。
「どれどれ~♪」と、再び嗅いでみる母さんでした。