Archives  March 2010

 

ピヨちゃん枕

03月30日
かりんの新しいお友だち、ピヨちゃん枕。
先日遊びに来てくれた母さんの友人が、かりんにプレゼントしてくれました。

最初は、口にくわえてブンブンしたり、前足で抱え込んでハミハミしていましたが
「何か違うぞ」と思ったのか、遊ぶのをやめてしまいました。

karin_10_65.jpg

そして、ピヨちゃん枕をソファーの上に置いておいたら…ほら、このとおり。
あらまぁ、ずいぶん仲のよろしいこと~♪
母さんには、どっちもぬいぐるみに見えて困っちゃいます。
Posted by: hako
||

妖怪よりも…

03月28日
土曜日、こちらへ遊びに来てくれた友人と共に
かりんを連れて、約1年ぶりに妖怪に会いに出掛けました。
外を歩くには少々寒い日であったにも係わらず
県外からとおぼしき親子連れや若者で賑わっておりました。

相変わらず、かりんは妖怪のオブジェには見向きもせず
誰かのニオイが残っているらしい台座をクンクンするばかり。
ちょっと進んではクンクン…なかなか前に進みません。

karin_10_64.jpg

やっとカメラ目線になってくれたのが、このオブジェの前。
誰かさんの下駄です。

明日からの、朝のドラマで話題にもなっているこの通り。
週末は、沢山の観光客で賑わうことになりそうですから
かりんを連れての闊歩は、しばらくおあずけになるかも。
Posted by: hako
||

釘付け

03月26日
我が家では、ゆる~りとした時間の流れる午後10時。
それまで、ベッドで繭のように丸くなって眠っていたかりん
急に思い立ったように起きてきました。

karin_10_62.jpg

そして、テレビの前に釘付け状態!
母さんの大好きな、動物ドキュメンタリーを流していたのですが
丁度、雪山を歩いているハイイログマの親子が映っていました。
それはそれは、熱心に見つめております。

karin_10_63.jpg

前足で画面をガリガリしたらどうしよう…とドキドキしながらも
その姿が可笑しくて、かりんの姿に釘付けだった母さんです。
Posted by: hako
||

ぷりりん♪

03月24日
今日も今日とて、かりんは春を探してクンクン三昧。
あっちこっちの草むらに頭を突っ込んではクンクン・スンスン。
ワクワクするような春は、見つかりましたか?

karin_10_61.jpg

因みに、母さんはかりんのぷりりん♪なお尻を見ているから
年から年中、春でございます~。
お尻に見惚れながら散歩している母さん…アブナイかも。
Posted by: hako
||
人それぞれに、春の訪れを感じるモノがあると思います。
母さんにとっての「それ」のひとつが、オオイヌノフグリ♪
この時期、足元を見るとあちこちに咲いている、コバルトブルーの小さな花です。

other_10_05.jpg

この花は、手で摘まむとガクからポロリと取れるのですが
子供の頃、おままごとの茶碗に沢山集めて遊んでいたのを思い出します。

karin_10_60.jpg

ほら、かりんの足元にも、春を謳歌するかのように沢山のオオイヌノフグリ。
踏んでしまわないように、そっと歩こうね!
Posted by: hako
||

厚い・暑い

03月20日
本日の最高気温…26度。
風が強かったので、念のため上着を持って出掛けたものの
半袖になってしまいたいくらいの暑さでした。

karin_10_59.jpg

公園内を、楽しそうに軽やかな足取りで走り回るかりん
まだ、冬物の厚い毛皮のコートを纏っていることも相まって
ず~っと舌を出したままの散歩となりました。

karin_10_58.jpg

公園にある遊具に、初・乗船のかりん
はてさて、行き先はどちらでしょう?
Posted by: hako
||

迷惑な冗談

03月18日
いつもなら、「今日は仕事だから、イイ子で待っててね!」と
かりんに言い聞かせてから身支度をする母さん。

今朝は、冗談半分・希望半分で、「母さんと一緒に行く?」
と口走ったせいか、こんな感じで母さんの動向を観察。

karin_10_57.jpg

「お休みの日じゃないけど、一緒にお出掛けできるのかなぁ?
でも、母さんの格好はお休みの日と違うし」
かりんの頭の中は、様々な想いが交錯していたのでしょう。
こういう冗談は…うっかり言えません。
Posted by: hako
||

揺れ

03月16日
朝食がパン or シリアルの時は、パソコンの置いてある机で食べている母さん。
お友だちのブログを読みながら、コーヒーを飲んだりヨーグルトを食べたり~。

そんな美味しそうな光景を、かりんが見逃すはずがありません。
台所で用意をし、2階の部屋へ持って上がろうとする母さんを
階段の上で待ち伏せしたり、部屋の入口で伏せて待っていたりします。

karin_10_56.jpg

でも、何ももらえないので、ハウスの中で諦めきった表情で見ています。
「はぁ…」という大きな溜息が聞こえてきそうなこの顔を見ていると
母さんの心は、ぐらんぐらん揺れます。
でも、かりんの心の揺れは、もっともっと大きいのよね。
Posted by: hako
||

春みっけ!

03月14日
風はまだ冷たいものの、今日は良いお天気に恵まれました。
サッカー・野球・テニスなどのスポーツや、散策を楽しむ人たちの姿に出会える
運動公園への散歩に出掛けました。

すると、まだ殺風景な公園の中で、白い花に覆われた1本の樹が目に入りました。
「梅かな?」と思いつつ近づいてみると…それは桜の花♪でした。
この公園の歩道沿いには桜が植えてあるのですが
早咲きの種類なのか、この樹だけに沢山の花がついておりました。

other_10_04.jpg

思いがけず、今シーズン初めての桜を見ることができて
大満足の母さんでした。

karin_10_55.jpg

しかし、かりんは…と言うと
たまたま出会った、日本犬系MIXの男子に釘付けです。
好みがうるさいかりんのアンテナに、ピピッ☆ときたみたい。
Posted by: hako
||

もふもふMAX

03月12日
春の声を聴いて、先月あたりから衣替えに勤しんでいるお友だちも多い中
かりんの衣替えは、まだ本格的には始まっておりません。
夏仕様・冬仕様の差を、あまり感じることのできないかりんの毛ですが
それでも、今が一番☆『もふもふ感』を堪能できます。

karin_10_54.jpg

しかし、よく見ると、じわじわとアンダーコートが表面に浮いてきています。
室内のあちこちで、荒野を転がるタンブルウィードのような毛の塊が見られるのも
もう…そう遠くはなさそうです。
Posted by: hako
||

角度

03月10日
こうして下から見上げると、マズルの長さが曖昧になり
目と鼻と口が集合して、かりんが小動物のように見えます。
この角度…母さんは結構好きなのです。

karin_10_53.jpg

腹這いになったり、仰向けになってカメラを構える母さん。
そんな母さんの姿を見るかりんの目は、心なしか冷ややか。
「ちゃんと可愛く撮れてる?それならイイけど…」
そんな声が聴こえてきたような気がしたけれど、空耳かしら~。
Posted by: hako
||
本日、かりんはモフモフのメンテナンスに勤しんでおります。
そして母さんは…脳味噌のメンテナンス中。

karin_10_52.jpg

明日は、ピカピカ☆にリフレッシュできているかしら~。
Posted by: hako
||

酷い母さん

03月06日
今日は、月に一度のかりんのシャンプー・カットをしてもらうため
生憎の雨の中、美容院へと出掛けました。

トリマーさんにお願いして、母さんは併設の喫茶店で優雅にモーニングを。
壁に貼ってある、来店した犬たちの写真を眺めながら
「初めてかりんを連れて来たのは、いつだったっけ?」と懐かしく思い返しながら
ハッ…と、あることに気づいてしまいました。

karin_10_51.jpg

あああ~、かりんの4回目の家族記念日をすっかり忘れていました。
2月23日の大切な記念日を忘れるなんて、母さんとしたことが…。
ご・ご…ごめんなさい~、かりんお嬢さまぁ。
Posted by: hako
||

まだ早い!

03月04日
我が家と実家の中ほどの距離に、小さな公園を見つけました。
駐車場の横に、小ぢんまりとしたドッグラン程度の芝生があって
そこから、日本海を臨むちょっとした遊歩道へと下りることができます。
天気が良ければ、実家からの帰りに立ち寄ることにしています。

karin_10_48.jpg

芝生の上で思う存分爆走した後、かりんはスタスタと遊歩道へと向かいます。

karin_10_49.jpg

そして、波が打ち寄せる岩場へと更にズンズン下りていき
滑りやすくなっている岩に、後足をズルッと取られながらも
前のめりになって海面を覗いています。
このままだと、海に入ってしまいそうな勢いだったので
慌ててリードを手繰り寄せました。

karin_10_50.jpg

「もしも~し!海水浴にはまだ早いですよ~!」
Posted by: hako
||

例外

03月02日
「こんにちは~!」と宅配の人が来られても、郵便屋さんのバイクの音がしても
かりんは吠えたことがありません。
あんまり吠えないので、犬だということをついつい忘れてしまいそうになります。

しかし、例外があるのです。
それは…人に対してではなく、特定の犬が家の前を通過する時。
窓の閉まった部屋でぐっすり眠っていたとしても、パッと弾かれたように起きて
鼻息荒く、火が点いたように吠えます。
その声は、別犬かと思うほど大きく、最初に聴いた時は自分の耳を疑いました。
すぐに、「ダメ☆」と言ってやめさせるのですが、興奮冷めやらぬといった感じで
「グフグフ」と、喉や鼻をしばらく鳴らしています。

karin_10_47.jpg

ところで、かりんが吠える対象となっているのは、2匹の可愛いポメラニアンです。
あれこれ思いを巡らせてみても、吠える理由がさっぱりわかりません。

単に、「虫か好かない」という理由なのか、それとも何か別の理由があるのか?
これは、母さんが一番にかりんに訊いてみたいことです。
Posted by: hako
||