「あれ?かりんがいない…」と思ったら、こんなところに。

karin_11_85.jpg

床の色と毛色が同化しそうになっているので
2階から下りてきた母さんは、危うく踏んづけそうになりました。

karin_11_86.jpg

休日だから一緒に出掛けられると思ったのに、まさかの留守番を言い渡されて
「そんなぁ~」…とばかりに不貞腐れております。
母さんが前言撤回するのを期待しながら、かりんなりの静かな抗議です。