Archives  karinnew/index

 

窓越し

02月27日
こんなふうに、微動だにせず窓越しに外を眺めるのは
お猫さまの専売特許♪
…だと母さんが思っていたのは、つい6年ほど前まで。

karin_12_32.jpg

実は、お犬さまも同じように凛としたポーズを決めて
外を眺めていらっしゃることが、しょっちゅうでございます。

正面に回ってみようかしら~と思ったら、窓に映っておりました。
かりん…あなたの視線の先には、何が映っているのかしら。
Posted by: hako
||
かりんが我が家の一員となってから、今日で6年になります。

呆れるくらい出不精だった母さんを、季節を問わず戸外へと誘ってくれました。
人見知りだった母さんを、ちょっぴり積極的にしてくれました。

karin_12_31.jpg

そして、何気ない毎日の中に、小さな幸せをいっぱい感じさせてくれました。

母さんの大切な『毛むくじゃらさん』でいてくれて、ありがとう!
うちに来てくれて、本当にありがとう!
Posted by: hako
||
「こんな日に、仕事がお休みだったらラッキー☆」
…と思えるような、穏やかで良いお天気に恵まれた今日。
そう!母さんは、その『ラッキー☆』に当たりました。

散歩コースにある、広場の駐車場まで車で出掛け
そこから、かりんと一緒に土手へ向かいました。

karin_12_28.jpg

風は少しあったものの、ここ数日に比べると気温が高く
ウォーキングする方と、何人もすれ違いました。

karin_12_29.jpg

土手の草むらでは思う存分蹴り蹴り~♪
気分が良いのか、いつにも増して後脚が高く上がっていました。

karin_12_30.jpg

さて、土手を歩くこと45分の散歩を終え、駐車場に戻ってみると
貫禄たっぷりの野良猫の姿がありました。
いつもは、猫を見るとピーピー言いながら近寄るかりんですが
何となくいつもと様子が違い、目を合わそうとしません。

実は、ここは…かりんの猫がらみの事件があった場所。
かりんは思い出したくなさそうですが、またの機会に。
Posted by: hako
||
く・く・く…また妙な格好でねんねしてる~。

karin_12_26.jpg

後脚はピーンと伸ばしながらも、前脚はクシュッとコンパクト。
どうして、こんな格好になっちゃうのかしら。

karin_12_27.jpg

でも、このクシュッ&ピーンとなった格好はあまりにも可愛すぎるから
目にする度に、母さんは幸せな気分になっちゃうのよねぇ。

**********************************

  ― 未遂 番外編 ―

実は先月、かりんの右目からやけに涙が出ている気がして
ドクターに診ていただきました。
その結果、軽度の結膜炎ということで目薬が処方されました。
かりん…生まれて初めての目薬です。

other_12_2.jpg

最初はおとなしく点眼させてくれていたのですが
だんだん嫌がるようになり、目薬を見ただけで逃げるように~。
先日の未遂事件は、目薬をやっつけるつもりだったのかも。
しかし…残念でした!やっつけたのは母さんの目薬だもの。
Posted by: hako
||

未遂

02月16日
一昨日の就寝前、母さんが目薬を入れようとすると
いつも置いてあるはずの場所に、目薬が見当たりません。

他の場所を捜しても見つからず、「おかしいなぁ~」と呟きながら
かりんのくつろぎスペースであるソファーに何気なく目をやると
ビニールの切れ端のようなものが散乱しています。
慌てて見てみると、それは目薬の入っていた小さなビニール袋。
どうやら噛み千切ったようですが、肝心の目薬が…ない。

ソファーを動かしたり、クッションをよけたりしてみても見つかりません。
タラ~ッ……母さんの顔から一気に血の気が引きました。
目薬本体の残骸があっても良さそうなのに、それが全くないということは
そのままそっくり飲み込んでしまったのだろうか?
しかし、こんな異物を飲み込むことができるのだろうか?
母さんの頭の中で、いろいろなことがグルグルグルグル回ります。

「母さんの目薬、食べちゃったの?」とかりんに問いかけてみても
当然、答えはなく、何かマズイことをしでかしたと察知したようで
懸命に母さんの機嫌をとろうと纏わりつきます。

ただひとつの救いは、かりんがいつも通り元気だということ。
とりあえず緊急性はないと判断し、翌朝まで様子を見ることにしました。
最悪…開腹手術かもしれないと、頭の半分で覚悟しながら。

さて、一夜明けて。
かりんは散歩をし、普通のウンチをし、ご飯も食べました。
全くもって普段どおりです。
朝のメニューをこなし、人心地ついたかりんを撫でていると
急に思い立ったように、かりんがヒョイと母さんのベッドに跳びのりました。
そして、そこに何かあるかのように、ベッドと壁の隙間に頭を突っ込みました。

その姿を見てピン!ときた母さん。
かりんが頭を突っ込んでいる隙間を覗くと…ありました!ありました~!!
てっきり、かりんのお腹の中に消えたと思い込んでいた目薬が。
あちこちガジガジした跡があったものの、原形を止めておりました。
まるで、ココに落っこちたことを思い出し、母さんに教えてくれたみたい。
この瞬間、母さんの心配は一気に払拭され、体から力が抜けたのでした。

karin_12_25.jpg

流石に、これは食べられなかったのか?
はたまた、隙間に落ちてしまったから食べ損ねてしまったのか?
本当のところは、かりんにしかわかりません。

幸いにも大事には至りませんでしたが、悪戯が鳴りを潜めていたため
かりんを過信し、油断しきっていた自分に反省しきり…です。
Posted by: hako
||
この週末も、かりんを連れて実家へ帰りました。
ばぁばと一緒に、用事をしたり買物をしたりしている間
車の中でじぃーっと待っていなくてはなりませんが
それでも、かりんは一緒にお出掛けするのが嬉しいようです。

karin_12_22.jpg

車で移動中のかりんの定位置は、ばぁばの隣です。
最初の頃は、「なんでココに座るの?」という表情で
落ち着かない様子でしたが、今ではすっかり慣れました。
ちゃっかり撫で撫でを要求する姿が、当たり前となっています。

さて、我が家への帰路、いつもの休憩場所へ寄ってみたら
沢山の先客があったため断念。

karin_12_23.jpg

そこで、初めて立ち寄る湖畔の公園へと移動。
小高い丘の上、芝生に覆われたアップダウンのある公園で
犬連れの散歩にはうってつけの場所でした。

karin_12_24.jpg

実家からの道中、新たな散歩スポットを見つけて喜んでいるのは
どうやら、母さんだけではないようです。
Posted by: hako
||

冬も夏も

02月07日
先日、かりん大はしゃぎした公園は、街から離れた場所にあるせいか
先客があると「珍しい~」と思ってしまうくらい、いつも閑散としています。

karin_12_20.jpg

ここには、何故か…カバさんがいます。
夏のうだるような暑さの中の『公園経由⇒川行き』でも、登場したカバさんです。

karin_12_21.jpg

じりじりと太陽が照りつける夏も、すっぽりと雪に覆われてしまう冬も
ぽつねん…と佇む姿に、思わず声を掛けずにはいられません。
かりんも、思わず話し掛けちゃうよね~。
Posted by: hako
||

大はしゃぎ

02月04日
我が家の周りの雪はほとんど融けてしまい、ちょっとガッカリのかりん
でも、車で少しだけ足を延ばしたところにある公園には
母さんの予想通り…誰にも踏まれていない雪が、しっかりと残っておりました。



こんなにはしゃいでくれたら、出掛けた甲斐があったというものです。
Posted by: hako
||

お客さま

02月01日
今日も一段と冷え込み、強風吹き荒れる一日となりました。

friend_12_1.jpg

こんな日は、家の中でぬくぬくするのが一番です。
…というわけで、リビングの石油ストーブの前で暖まるかりん
……んっ?

friend_12_2.jpg

いえいえ、ストーブの前にいるのは、がんちゃんと我が家へ遊びに来てくれた
柴犬コタロウとアンのちょんぼし幸せ』のコタロウくんでした。
初めての場所にも関わらず、我が家のようなくつろぎっぷりは、流石☆です。

friend_12_3.jpg

そして、アンちゃん。
最初は、緊張気味にあちこちを歩き回っていたものの
帰る頃にはソファーの上に伏せ、ほら!このとおり。
こんなふうに、ゆったりと過ごしてくれる姿を見ていると
「少しは、リラックスしてくれているのかも…」と
何だかとっても嬉しい気分になります。

この間、ガゥガゥかりんは当然のごとく隔離状態でしたが
帰る前に、一緒に散歩することにしました。

karin_12_18.jpg

家の前で対面した途端、想像通りガゥガゥ☆しちゃいましたが
しばらく一緒に歩いていたら、少しずつ落ち着いてきたようで
後は、程々の距離を保ちながらの散歩となりました。

karin_12_19.jpg

アンちゃんの用足しを不思議そうに眺めるかりん
「見ましたか?正統派女子の用足しは、コレです!」と
心の中でつぶやいた母さんでした。
Posted by: hako
||