散歩から帰って来ると、ほぼ必ずと言って良いくらい
我が家の前で、はたと立ち止まるかりん

20120704-karin_12_109.jpg

玄関へと引っ張ろうとしても、頑として足を踏ん張り
誰かがいるわけでもない、ずーっと向こうを見続けます。

20120704-karin_12_108.jpg

そして今度は、玄関前で違う方向を見続けることもあります。
一体何を見ているのか気になって仕方ないのですが
かりんと同じ視線になってみても、それが何かわかりません。
少しばかり見ていると満足するようで、やっとのことで家の中へ。

かりん曰く、今日も「異常なし!」だそうです。