Archives  karinnew/index

 

こぼれる犬

08月27日
もしもし?かりんトン。

20130827-karin_13_129.jpg

気持ち良く眠っているところ、すみません。 

20130827-karin_13_130.jpg

ズズズと、こぼれ落ちそうになっているのですが…。

20130827-karin_13_131.jpg

大丈夫ですっ。
これ以上こぼれ落ちませんので、ご心配なく!…だって。
Posted by: hako
||

まゆげ

08月22日
じゃん!!

20130822-karin_13_127.jpg

これ…一度やってみたかったのよね。

ほんの一時でも、このところの暑さを忘れちゃうくらい
思いっきり笑っていただけたでしょうか?
えぇっ、余計に暑くなっちゃった?

20130822-karin_13_128.jpg

かりん曰く
「母さんのイタズラには、困っちゃいます~」
Posted by: hako
||
猛暑のため、ここのところかりんの休日スペシャル散歩はお預け気味。
昨夏、申し訳程度のちょっぴりジャブジャブで終わってしまったこともあり
しっかり楽しんでもらおうと、近場の川へ出掛けました。

20130817-karin_13_124.jpg

ここは、かりんが生まれて初めての水遊びをした場所で
橋の下の陰で水に浸かることができるので、結構快適です。

20130817-karin_13_125.jpg

久しぶりの川に、最初は少し戸惑っておりましたが
母さんがズンズン川に入ると、かりんも~。

20130817-karin_13_126.jpg

雨が降っていないせいか、例年より水位が低かったので
ジャブジャブと言うより、チャプチャプでしたが
とりあえず、今夏の初めての水遊びでした。

これを弾みに、お次は…どこへ行こうかな?
Posted by: hako
||

散歩デビュー

08月12日
妹家族の帰省と合わせるため、今年はいつもより早めの夏休み。

20130812-karin_13_121.jpg

しかし、この酷暑ですから
どこかへ出掛けようという気にもなれません。
入院しているじぃじに会いに行くのと
朝夕のかりんの散歩くらいしか外に出ることのない
極端にインドアな夏休みとなりました。

20130812-karin_13_122.jpg

今回も、かりんの散歩につきあってくれた甥っ子。
ひとりでリードを持っての、お散歩デビューです。

結構な引っ張り癖のあるかりんなのですが
体力を消耗した散歩の後半ということに加えて
甥っ子がリードを握っていることがわかっているのか
いつになく、ゆっくりと歩いておりました。

20130814-karin_13_123.jpg

会う度に、頼もしい成長ぶりを見せてくれる甥っ子と
シニアの域に入ろうとしているかりんとの関わり合いを見つめながら
母さんの心は、ほっこりと温かくなるのでした。
Posted by: hako
||

どこも暑い

08月07日
先日のお休み、うだるような蒸し暑さの中
涼を求めてハーブ園へ出掛けました。
下界より、2度は気温が低いはずなのですが
湿度が高いせいか、それほど涼しく感じられませんでした。

20130807-karin_13_118.jpg

今回はドッグランを利用しなかったにも関わらず
長くなったり短くなったり…を繰り返しながら
かりんの舌は、始終見えておりました。

20130807-karin_13_119.jpg

園内の一角で、たわわに実っていたブラックベリー。
マスターの手からかりんに差し出されたのですが
ちょこっと『フンフン』しただけで、興味なしでした。

20130807-karin_13_120.jpg

「もっと別のモノが良いんですけど」とばかりに
マスターの後姿を目で追っておりました。

さて、マスターが怪訝そうな顔をしながら
かりんちゃん、男の子だったっけ?」…と、ぽつり。
かりんの片脚上げての用足しを初めて目にされ
思わず出た一言でした。
Posted by: hako
||

様々な表情

08月03日
久しぶりに…とは言っても約半年ぶりなのですが
クッションの中綿を引っ張り出すという悪戯を
やらかしてくれました。

20130803-karin_13_116.jpg

「あっっ!!」
母さんの大きな声に、一瞬…固まるかりん

20130803-karin_13_117.jpg

そして、次の瞬間には「ワタシは何も知りません」とばかりに
シラーッと目を逸らします。
現場を押さえたわけではないので、強く叱ったりはしませんが
しつこく「あ~あ!」と言い続けると、ご機嫌伺いにやってきます。

悪戯が見つかった時の、「しまった!」という表情と
その後の、どうやって取り繕うか戸惑っているような表情。
かりんには申し訳ないけれど、何度見ても可笑しいものです。
Posted by: hako
||