Archives  karinnew/index

 

釘付け

11月25日
先週末の実家からの帰り道、湖畔にある公園に立ち寄りました。
今までにも何度か来ているのですが、しばらくご無沙汰しておりました。

20151125-karin_15_138.jpg

適度な広さとアップダウンがあるせいか、犬連れの方をよく見掛けます。
そんな、ご同類の気になるニオイが残っているのか
それとも、其処此処にあったモグラ塚のせいなのか、クンクンが止まらないかりん

20151125-karin_15_139.jpg

「もう、おしまい!」と言いながらリードをグイッと引っ張っても
少しばかり抵抗を示しつつ、その場にしばらく釘付けです。

20151125-karin_15_140.jpg

やっとのことで、満足して走り出しました。
今度は、母さんがかりんの弾むお尻に釘付けです。
Posted by: hako
||
今シーズンも、もふもふで暖かい芝クッションが登場する時期となりました。
しかし、2012年に初登場してから3シーズンが経過し、ついにお役御免。

20151118-karin_15_136.jpg

後任のクッション(長座布団)がやって参りました。
もしょもしょ毛足のスモーキーブルーが、冬の日本海の海面のようです。

20151118-karin_15_137.jpg

そんな水面に揺られているうちに、かりんはおねむになるのでした。

*********************************

<ちょっぴり…母のこと>

母の友人K さん宅で昼食をご馳走になり、帰宅してからのこと。
早速、母はK さんにお礼の電話をしていました。

それから10分ほどして。

母:「K さんにお礼の電話をしなくちゃ。」
私:「さっき電話してたよ。」
母:「あら、そうだっけ?」
私:「忘れちゃうから、いつ何をしたかノートに書いておいたほうが良いよ。」

ノートを広げ、「○月○日、K さんにお礼の電話」と書く母。

それから更に30分ほどして。

母:「K さんにお礼の電話してないよね?」
私:「してたよ、ノートを見てみて。」

ノートを確認し、自分の字で書かれた文字を見ながら
母:「あら、やだ。」

最近の母は、こんな調子です。
何かにつけて、こんなやり取りが数回繰り返されます。

今春あたりから物忘れが酷くなり、何度も同じことを言ったり
何度も同じことを尋ねるようになりました。
現在、病院にかかり、週2回のデイサービスを利用し
周囲の方々に見守っていただきながら、独り暮らしを続けています。

*********************************

今まで月1回だった帰省も、夏以降は月3回となっています。
バタバタするので、かりんを連れて帰るのはそのうち1回だけなのですが
今週末は、一緒に帰る日です。

かりんちゃん、太ったかね?」と、毎度のように言う母。
今回も、また…言うかもねっ。
Posted by: hako
||

埋もれる季節

11月11日
今のところ、何とか暖房器具に頼ることなく過ごしているものの
朝晩は、着込んでいないと寒く感じるようになってきました。

20151111-karin_15_134.jpg

『人生バラ色♪布団』と命名した母さんの冬用羽根布団の上に陣取り
しっかり埋もれている、ご機嫌顔のかりん

20151111-karin_15_135.jpg

ほっかほか&ふわふわで心地良いせいか、さっきからあくびの連発です。
「ふわぁぁ~♪」…見ている母さんにも、うつっちゃいました。

これからは、「犬、布団に埋もれる」姿がしばしば見られそうです。
Posted by: hako
||

また…来春

11月08日
春から夏にかけてが花の盛り~と思ってしまいがちなのですが
しっとりとした秋の空気の中、ハーブ園は賑やかに彩られています。

20151108-other_15_22.jpg

競うように咲き誇る、母さんの背丈くらいのアメジストセージやチェリーセージ。
また、地面に沢山のライトを灯したかのような元気色のマリーゴールドたちが
さり気なくパワーを送ってくれているかのようでした。

20151108-karin_15_132.jpg

今の季節、かりんの枯れ草色の毛色は景色に溶け込んでしまい
じっと動かなければ、遠目からは気づかないかもしれないような保護色です。

20151108-karin_15_131.jpg

いつも、園内のドッグランではちょろっと走っただけでお終いのかりん
気候のせいか、はたまたエネルギーが有り余っていたのか
クンクンと爆走を繰り返し、ドッグランの正しい利用を楽しんでおりました。

20151108-karin_15_133.jpg

さて、お目目キラキラ☆でかりんが見つめる先には、ハーブ園のママさんが。
「ひとつだけ」のオヤツをもらった後、「もうひとつ」を期待しています。
でも、キッチリひとつでおしまいです。

ハーブ園の今年の営業は今月で終わり、再びの開園は来年の春となります。
かりんが期待するオヤツも、来春までおあずけ…だねっ。
Posted by: hako
||
今年も、11月1日がやってきました。

20151031-other_15_20.jpg

ズラッと9個並んだ、母さん作の缶詰ケーキ。
これまで、このケーキの数だけかりんの誕生日を祝い
共に過ごしてきたのだと思うと
その年月の長さと重みと愛しさを、改めて感じます。

20151031-other_15_21.jpg

そして今日、10個めのケーキが加わりました。
10歳のケーキはボーン型。

20151031-karin_15_128.jpg

毎度のことながら、目の前にあってもどこから食らいついて良いかわからず
まるで「母さん…食べやすくしてください」と念じるかのように見つめます。

20151031-karin_15_129.jpg

そのうち、自分の中にあるワイルドな部分を何とか引っ張り出したようで
端っこに齧りついたものの、これ以上はGIVE UP!でした。

20151031-karin_15_130.jpg

「これっぽっちもアイディアが浮かびません~」と母さんを悩ませちゃうくらい
これからも沢山のケーキを作らせて欲しいと、心から願っています。

生まれてきてくれて、ありがとう!
うちの家族になってくれて、ありがとう!
今、生きている!って感じさせてくれて、ありがとう!!
Posted by: hako
||