昨年末、妹家族が我が家へ泊まった翌日。
テーブルを囲みながらの朝食時、かりんが張りつくのは、勿論…甥っ子。

20160106-karin_16_006.jpg

甥っ子から特別に、ちょこっとだけパンくずをもらいました。
しかし、これだけでは何となく物足りない気がするようで…。

20160106-karin_16_007.jpg

テーブルの上に散らかっているパンくずにロックオン☆

20160106-karin_16_008.jpg

そしてお次は、甥っ子が手にするお皿にも~。
じっと見つめていれば、パンくずを落っことしてくれそうな予感がするのか
始終、熱い視線を送っておりました。

20160106-karin_16_009.jpg

普段は静かな我が家がパーッと明るくなり、楽しい会話が溢れる時間。
我が家にみんなが集合すると、かりん自身に気持ちの余裕があるからなのか
くつろぎつつも嬉しそうな様子でした。

さて、妹家族が来宅した日の夜、長時間の運転でお疲れの義弟は一足先に就寝。
「あれ?かりんがいない」と思ったら、義弟の布団の足元あたりで
添い寝でもしているかのように、丸まって眠っておりましたとさ。