Archives  karinnew/index

 
電子ピアノの上に置いている、かりんお気に入りの茶色さんたち。
最近、そちらを見上げてピィピィ甘え声を出すようになりました。



今日は、『ちびっ子ワンワン』と遊びたい気分だそうです。

この姿だけを見ていると、かりん自身もちびっ子のよう。
ひととき、実年齢を忘れちゃいますね~。
Posted by: hako
||
この夏は、週末のスペシャル散歩にもほとんど出掛けておらず
気がつくと8月も終わりになろうとしています。
かりん自身、「お出掛けする気満々!」になることが少なくなり
暑さのせいもあるけれど、年のせいも大いにあるのでしょう。

それでも、1週間ぶりに良い天気になったのが嬉しかったのか
今日はお出掛けを期待している様子だったので、近場の公園へ。

null

さて、そろそろこの公園はバッタさんで賑わう頃。
案の定、原っぱを歩くとあっちこっちでバッタさんが飛び跳ねます。

しかし、かりんはチラッと見るだけで全く追いかけようとせず
以前のバッタ三昧だった姿は幻…だったかのよう。

null

もう少し涼しくなったら、思い出したように追いかけてくれるかしら。
それを、ちょっぴり期待しちゃう母さんでした。
Posted by: hako
||
ここ何回か、帰省の際には我が家で一泊している妹家族。
今年の夏も、その予定で帰ってきてくれましたが
台風が直撃しそうだったので、予定を変更しての二泊となりました。

かりんは喜びをどう表現したらよいのか迷っているかのように
床の上で、脚をカラカラと空回りさせながらの大歓迎。
それでも、歓迎ぶりは昔よりも少し控えめになっている気がします。

null

先日、部活を引退したばかりで、高校受験を控えている甥っ子。
この秋、地域の学校が一堂に会して開催される合唱祭では
伴奏という大役を仰せつかったとのこと。

楽譜を持参し、母さんの電子ピアノで練習~♪
奏でられるピアノの音が心地良かったのか、そんな甥っ子の演奏を
かりんもくつろぎながら聴き入っておりました。

そして、実家に帰ってからは紙漉き女房さんご夫婦の工房へ。
木陰に置かれた椅子に座り、自然の風を扇風機がわりにしながら
またまた、ゆるりとした時間を過ごさせていただきました。

null

かりんは工房のヒンヤリとした床が心地良いのか
汗をかきかき外で過ごす母さんたちを、建物内からじっと観察。
帰る頃になっても「ワタシ、ココにいる」とばかりに渋り
車に誘導しようとする母さんたちを、手こずらせてくれました。

null

これまでは、こちらの都合優先であちこち動いていたけれど
今は、高齢になったかりんの身体と相談しながら…です。

母さんの短い夏休みもお終い。
さぁ、明日からも頑張るぞ~っ!
Posted by: hako
||
元気をチャージしたい時、かりんは自らハウスに入ります。

null

ココでしばらく過ごせば、元気になるってわかっているみたい。
さぁ!今日もしっかりチャージして、元気に過ごしましょう。
Posted by: hako
||

ブッカブカ

08月10日
かりんです。
けむくじゃらのみなさん、コロモガエはおわりましたか?
ワタシは、まいにちジャンジャンぬけていますが
そろそろ「しゅうりょう~!」になりそうです。

null

あんまりぬけたから、ライフジャケットみたいな『サンポのトモ』が
ブッカブカになっちゃいました。
ちょっとカッコワルイからイヤだなぁ。

でも、かあさんは、「ブッカブカでうらやましいな〜」だって。
かあさんも、コロモガエしたら?
Posted by: hako
||
平成から令和へと移り変わる頃の、かりんの体調不良。
その時から服用していたステロイドも、量や回数を徐々に減らしながら
様子を見つつフェードアウトさせることになっていました。

そして、「これで終わり!」となるであろう先日の血液検査で
腎臓の異常を示す、クレアチニン値(CRE)と血中尿素窒素(BUN)が
あろうことか、グーンとはね上がっておりました。

尿素窒素はタンパク質が分解されるときにできる老廃物で
クレアチニンは筋肉で作られる老廃物。
腎機能が低下すると、この老廃物を上手くろ過・排泄できないため
血液中の値が高くなってしまうというわけです。

null

ですから、老廃物を作り出す成分であるタンパク質を減らす必要があり
フードにちょこっとトッピングしていた鶏肉も禁止!
そして、老廃物を腸管内で吸着し、便と一緒に排出させるサプリメントを
新たに飲むことになりました。

null

数値だけを見る限りでは、あまり良くはない状態のようで
「嘔吐や下痢があってもおかしくない」と言われたのですが
この数値とは裏腹に、今のところかりんは元気です。

しかし、腎機能は確実に低下しているという事実は
受け容れなくてはならない現実なのだと、改めて思い知らされました。
「肉 禁止!」と、新たなサプリメントの効果が出てくれることを
ただただ願うばかりです。
Posted by: hako
||