「コオリちょーだい!」とかりんが言ったので
ひとつあげたらソファーの上に持って行き、ペロペロし始めました。
しかし、そのうち興味を失ってしまったようです。



こうして放置される氷は、意外とあるのです。
知らずにソファーに座った母さんが、「冷たっ☆」ってなることも。

氷は、ちゃんと最後まで食べましょう!