Archives  karinnew/index

 

更なる進展

01月05日
今までは、一足先に実家へ帰省した妹家族に出迎えてもらっていましたが
この度は、母さんたちとかりんが出迎える側になりました。

玄関から入って来た妹夫婦に、これ以上の歓迎ぶりはないと思えるくらい
耳・尻尾…そして、身体全体で嬉しさを精一杯表現するかりん
年2回しか会えないのに、しっかり覚えていることに改めて驚きました。

そして、またまた背が伸びてお兄ちゃんになった、甥っ子とのご対面~♪
妹夫婦と変わらないくらいの大歓迎で、顔をペロペロ舐められておりました。

karin_10_06.jpg

マッサージ上手な妹夫婦それぞれに、たんまりマッサージしてもらった後は
甥っ子にピッタリくっついて、やることなすことに興味津々です。

karin_10_07.jpg

今回の甥っ子とかりんの様子は、とても穏やかなものでした。
自分の思いのままに、無理矢理ズンズン近づこうとはしない甥っ子の接し方や
かりんの落ち着けるハウスを、隔離された静かな2階の部屋に置いたことなど
いろいろな要素が相まり、好ましい環境になったのかもしれません。

other_10_01.jpg

甥っ子が、かりんの絵を描いてくれました。

かりんちゃん、可愛い~♪ かりんちゃん、大好き!」
何度も言葉にしてくれた彼の気持ち…かりんにしっかり伝わっていることでしょう。
Posted by: hako
||
大荒れの大晦日、実家に到着したかりんと母さん。
デイサービスに出掛けて留守だったじぃじを、揃って迎えることとなりました。
玄関のドアを開けて入ってくるじぃじを見るや否や
かりんには珍しく、ピョンピョンと跳びつきながら大興奮のお出迎えでした。

karin_10_03.jpg

そしてその後、疲れて熟睡するじぃじのベッドに、意を決したようにヒョイと跳びのり
尻尾フリフリで、じぃじの顔へと近づいていきます。
じぃじがビックリしてはいけないので、母さんに制止されてしまいましたが
そのままにしておいたら、思う存分、顔をペロペロしていたことでしょう。

karin_10_04.jpg

ベッドに座っているじぃじを見上げ、『好き好き光線☆』を浴びせかけるかりん
茶目っ気を出したじぃじが、前脚の上に足をのせてもじっとしています。

karin_10_05.jpg

挙句の果てには…はいっ、この通り!
じぃじの足を枕に、ゴロ~ン♪してしまいました。

じぃじは約1ヶ月半入院していましたので、かりんが会うのは2ヶ月ぶりです。
「じぃじ、おかえり!会いたかったよ!!」
身体全体で、その気持ちを表現しているかりんに、ホロッ…となった母さんでした。
Posted by: hako
||