只今、ご飯を食べているじぃじを見守り中のかりん

karin_10_248.jpg

何かが落っこちてくるかもしれない、その瞬間を見逃すまいと。
または、何かが落っこちてくるようにと願いながら~。

karin_10_249.jpg

しかし、そう簡単には落っこちてこないのが現実です。
じっとじっと、ひたすら待っていたのですが
ホットカーペットの暖かさに、思わず目を閉じてしまうのでした。

「おーい!じぃじのご飯…終わっちゃうよ」