和室の窓際にて、まったりとくつろぐかりん

null

…ではありません。

脚がよろけてペタンと伏せてしまい、立ち上がれなくなった状態で
こんなことが、日に何度となく起こります。
この後、なんとかかんとか自力で立ち上がることもあれば
「キュンキュン」鳴いて助けを求めることもあります。

null

長座布団の上に辿り着いても、四肢をうまく動かせないせいか
身体が縮こまったような、不自然な恰好のまんまです。

null

こんな感じで、かりんの脚はすっかり弱ってしまいました。
それでも、なんとか自分の脚で歩こうとします。

産まれたての子鹿のようにも見える、ヨロヨロと心もとない歩み。
母さんの知らない、う~んとうんとちびっ子の頃のかりんの姿が
重なって見えたような気がしました。
Posted by: hako
||
一日に何度となく、かりんが往復していた我が家の1階と2階。
階段を上り下りできなくなってからは、日中は1階で過ごすことに。

null

見るからに危なっかしい歩みではあるものの
大きな段差がなければ、室内の移動はまだまだ大丈夫。
リビングのテレビの前と、和室の窓際に置いた長座布団を
その時の気分で行ったり来たりしています。

null

多くの時間を、伏せしたまんまの体勢で過ごすかりん
姿勢を保持するための枕を買いました。
クロワッサン型になっているビーズクッションですが
真っ先にふかひれを連想したので、『ふかひれクッション』と命名。

null

ただ、まだ寝たきりではないので、クッションを顎の下に置いても
しばらくすると場所を移動しています。
ですから、気づいた時に、置き直すことになってしまいますけどね。

高級食材であるふかひれの形…使い心地はいかがでしょう。
なかなか良さそうな感じはしますけど?
Posted by: hako
||
いつも、弾むように軽やかに歩いていたかりんの後脚の運びが
少し重たく感じられるようになってきたのが、今年に入ったあたり。

車の後部座席に跳び上がることができなくなったり
大好きなくつろぎ場所だったソファーに上がるのも大変になり…。
そして、力が入りにくくなった後脚を庇っていたせいなのか
今月の初めあたりから、急に前脚も弱ってきました。

そんな状態なので、散歩中に前脚の先がカクンと折れてしまい
前のめりに転んでしまうことも、しょっちゅうでした。
ですから、常に少し上へ引っ張りながら散歩しなければならず
今まで使っていたハーネスでは、身体を支えきれなくなりました。

null

そこで、とりあえず、前脚の歩行補助用ハーネスを購入。
左右それぞれの脚の、付け根あたりを支えるように伸びた紐が
バッグの持ち手のように身体を支えます。

null

かりんがつまづきそうになったり、段差があったりすると
この持ち手をヒョイと引っ張ってサポートします。
介助される側のかりんは、「まだまだあるけるよ~」と満足。
介助する側の母さんも、「うんうん、そこそこ歩けてる~」と満足。
今までに比べると格段に楽に散歩できるようになりました。

かりんの『ばあワン♪ライフ』を快適に過ごすためのグッズは
これからどんどん増えていきそうです。
Posted by: hako
||
かりんです。
さいきん、なんだかカラダがうまくうごかなくて
「おっかしいなぁ~」っておもっています。

null

アシにチカラがはいらなくて、ヨタヨタ…ユラユラ~。
『よっぱらいの おっさん』みたいにフラフラあるいています。
だから、カイダンはのぼれなくなっちゃった。

null

それからね。
ボーッとつったってたり、ひたすらグルグルあるいたりします。
ワタシをジーッとカンサツしていたドクターにいわれたけど
ちょっとずつボケはじめてるみたいです。

null

リッパな『おばあちゃんワンコ』…『ばあワン』になったワタシ。
まったりな『ばあワン』ライフのはじまりです。
Posted by: hako
||
立ち姿にも変化が見られ、脚力が弱ってきていたかりん
☆14歳の誕生日☆を迎えて以降、その衰えは前足にも出始め
1か月前とは別犬のような状態になってしまいました。
しかし、散歩には行きたがるので、それがせめてもの救いです。

null

車の後部座席にヒョイと跳び上がることができなくなった。
家の中の階段を上り下りすることができなくなった。
散歩中に躓くことが多くなってしまった。

できなくなったことを数えて、いちいちガックリするのはやめよう。
…と思うけれど、ふと溜息をついている自分に気づく毎日。
加齢によるものだと、頭では充分わかっているつもりだけど
それを認めたくない気持ちが勝るのかもしれません。

null

・自分の口で食事がとれる。
・自分の足で立って歩ける。
・自分の意志で排泄ができる。

ドクターが言われる『3つの大事なこと』は、まだできています。
できなくなったことじゃなく、まだできることに目を向けよう!
Posted by: hako
||
帽子をのっけられたり、マントを着せられたりと
かりんにとっては、迷惑でしかなかった今までのハロウィン。

今年は、母さんが何も考えていなかったので難を逃れることができ
記念撮影のみとなりました。

null

いつものハーブ園の室内にしつらえられた、ハロウィンコーナー。
被ったり着たりしなくても良いので、余裕のお澄まし顔です。

でも、やっぱり…頭にのっけたり着せたりした~い!
Posted by: hako
||

ちょっと不満

10月27日
ここ1週間は曇りや雨の日が続き、かりんの散歩も必要最小限。

今日は久しぶりに、青空の覗く気持ちの良いお天気になったので
「行く気満々!」な様子に応え、車で近場散歩に出掛けました。

null

山々はまだ紅葉していませんが、公園の桜の色づいた葉っぱが
風が吹くたびに、ひらひらと舞い踊っていました。

null

公園内を20分ほど歩いた後、そろそろ帰ろうと駐車場へ向かうと
まだ歩き足らないとばかりに、ちょっと不満顔。

そんな顔を見ていたら、時には100パーセントかりんにつき合って
ゆるゆる散歩を楽しもう!とも思いました。
Posted by: hako
||

立ち姿

10月19日
ここ数か月、あれやこれやと変化が出てきているかりん
ちびっ子の頃なら、「○○できるようになった!」などと
その変化の多くが、喜ぶべきプラス要素であることが多いけれど
今はその逆で、マイナス要素であることがほとんどです。

本当のところ、マイナス要素はあんまり書きたくないのですが
紛れもない事実ですから、きちんと書いておこうと思います。

null
   ↑
 3年前のかりん

null
   ↑
 今のかりん

2枚の写真のかりん、ちょっと違うところがあります。
それはどこか…気づかれたでしょうか?

そう、後ろ足の格好です。
3年前は、両後ろ足はそれほど左右に開いてはおらず
つま先は、まっすぐ前に向いています。
しかし、今は、両足が開き気味になり、つま先は外を向いています。

null

おそらく後ろ足の踏ん張りが利かないため、こうなるのでしょう。
すっく!と立っていられた後ろ足も、年齢と共にお疲れになり
後ろ姿には、シニアの雰囲気がふわぁ~んと漂うようになりました。
でも、少しばかり心もとない立ち姿も可愛いものです。
Posted by: hako
||
昨日は、昨秋の1年ぶりのデートから、再び1年ぶりのデートでした。
こちら方面でキャンプをしに来られるということで
お気楽日和ふくたくんご一家が声をかけてくださいました。

元来の出不精に加え、シニアなかりんを連れての遠出が難しい我が家。
こちらへ出掛けてくださるお陰で、お会いすることができています。

null

来月で3歳になるふくたくん。
ランで遊ぶ時は相変わらずパワフルだけど、落ち着きが出てきて
ONとOFFの切り替えがキチンとできています。

null

ふくねえさんとふくにいさんご夫婦を最高に信頼していて
おふたりのそばにいれば安心♪という感じです。

null

さて、ふくたくんとかりんはというと、やっぱりこの距離感。
ふくたくんは「Welcome!」だけど、かりんが「No!」

これ以上距離が縮まったり、ふくたくんが急に動いたりすると…。

null

この通り、ガゥガゥ☆が炸裂します。
そして、しばらく「グゥグゥ」だの「アゥアゥ」だの
まるで文句を言っているかのような声を出し続けておりました。

まぁ、ここは足しげく通っているかりんの別荘(?)ですから
テリトリー内だと認識しちゃっているのでしょう。

若い頃なら、ガゥガゥ☆する姿を見ると溜息が出たものですが
今は、そんなパワーがまだあるのだと、ちょっと嬉しかったり。
ガゥガゥ☆かりん、まだまだまだまだ健在です!
Posted by: hako
||
公園の名前を口にすると、かりんがキラ~ン☆と目を輝かせる
古墳のある公園へ、一昨日の日曜日に出掛けました。

null

ここは、かりんを連れて出掛ける市内のいくつかの公園の中でも
3本の指に入るくらい、よく足を運んでいる場所です。
裏道を通れば意外と近い…とわかってからは、更に頻度が増しました。

null

この日、用足し後のケリケリにも気合が入っていました。

null

そして、駆け足でこちらへやってくる元気な顔も見られました。

前回の記事では、大変ご心配をおかけしてしまいましたが
ここ1週間くらいは、順調にご飯を食べてくれています。
おそらく、次回病院へ行く時には体重も増えていると思います。

食べる!寝る!歩く!
ごく当たり前に思えることに、もっと感謝しなくちゃね。
Posted by: hako
||