春の声を聴いて、先月あたりから衣替えに勤しんでいるお友だちも多い中
かりんの衣替えは、まだ本格的には始まっておりません。
夏仕様・冬仕様の差を、あまり感じることのできないかりんの毛ですが
それでも、今が一番☆『もふもふ感』を堪能できます。

karin_10_54.jpg

しかし、よく見ると、じわじわとアンダーコートが表面に浮いてきています。
室内のあちこちで、荒野を転がるタンブルウィードのような毛の塊が見られるのも
もう…そう遠くはなさそうです。