かりんは、膝の上に抱っこされるのが好きではありません。
自ら母さんの膝の上にのっかってくれたのは、仔犬の頃のごく短い間だけで
今は膝の上にのせても、すぐに下りてしまいます。

ですから、飼い主さんの膝の上で心地良さそうにしているワンちゃんを見ると
「いいなぁ~」という言葉が、ついつい口から出そうになります。

karin_10_116.jpg

でも、かりんが進んで母さんの膝の上にのる、特別な時があるのです。
それは…病院のロビーの椅子に座り、診察を待っている時。
床に座らせて待っているのですが、この時ばかりは必死で膝に上がろうとします。
緊張による身体の震えは、膝の上にいると少しずつ治まってくるようです。

かりんにとって、母さんの膝の上は『緊急避難用』と位置づけられており
『普段使い』はしないことに決めているのかも…しれません。
母さんとしては、『普段使い』してくれてもいいのになぁ~。