ペコッと横に倒れた耳&こっちを向いている真ん丸頭は、母さんの萌えポイント♪
ついつい、かりんの顔の前に顔を近づけ、ベッドの縁にそっと頭をのせて
その密着感と、ベッドの中から立ち上る芳ばしいニオイを満喫しちゃいます。

karin_10_192.jpg

しかし、かりんは鬱陶しそうに、そそくさとベッドから出て行ってしまいます。
「今日は、見てるだけにしよう」と思うのに、なかなかそれができない母さんでした。