母さんたちのバッフバフな羽毛布団に埋もれて
こんなふうに眠る、かりんの姿が見られるようになりました。
時折、寝返りをうつかのようにクシュッと丸まったりする姿に
母さんの顔は、デレ~っと緩みっぱなしです。

karin_10_229.jpg

日中はそれほどではないものの、朝晩は寒くなってきました。
かりんの寝場所と寝姿に、改めて寒さを感じるのでした。
しかし…母さんが布団に入ると、サッサと移動を始めます。

「ねぇ、ゆっくりしていってよ~」と
訳のわからないことを口走ってしまう、母さんでした。