今朝のかりんは、お休みの母さんと一緒にまったり~。
ソファーでくつろいでいたかと思ったら
急に何を思ったのか、タッタカターと階下へ向かいました。

すると、5分もしないうちに再び2階へ戻って来て
ソファーへドサッと腰を落ち着けました。
ふと見やると、その前脚の先に何やら丸いモノがあります。
「何だろう?」と思いながら見ると…饅頭ではありませんかっ。

慌てて取り上げようとすると
「ワタシが見つけたんだから~」というような表情をしながら
前脚でササッと饅頭を隠しました。
それでも何とか取り上げて、饅頭をよくよく見てみると
端っこの皮の部分が齧られて既になくなっていました。

karin_07_106.jpg

母さんがダイニングテーブルの上に置きっ放しにしていたのを
たまたま引いてあった椅子に上がって取ったのでしょう。

その場で食べてしまえば見つからなかったかもしれないのに
わざわざ母さんのいる所まで持って来たというのが
間が抜けていると言うか、愛らしいと言うか…。
お陰で、あまり強くは叱ることができなかった母さんです。