かりんを連れて2泊3日で実家へ帰りました。
遠方から帰省していた3歳児の甥っ子は、ブログの画像を見ては
かりんちゃ~ん!会いたいの~♪」と、熱いラブコールを送ってくれていましたが
それが…今回実現することとなりました。

彼は生まれた時から猫がそばにいたということもあってか、猫や犬が大好き。
ギュッと抱き締めて顔を近づけ、「好き好き」したくってたまりません。
しかし、遠慮なくズンズン顔を近づけてくる小さい子供が苦手なかりん
そんな彼に対して、かりんは2度ほどガゥガゥしてしまいました。
好きってことを身体いっぱいで表現したかっただけなのに
かりんの仕打ちがあんまり哀しくて、涙が出てしまった彼でした。

karin_08_08.jpg

が、そんな仕打ちを受けても、まだまだメゲない3歳児。
ふと見ると、かりんのキャリーにちゃっかりと入っておりました。
すると、場所を取られてしまうと思ったのか、かりんも慌てて入ってしまいました。

こんな状態でパニックになってガゥガゥしたらどうしよう?
この光景を見て、母さんは冷や汗が出るくらい焦ってしまいました。
でも、あまりの至近距離と狭さのためか、今の自分の状況を理解できない様子で
目を大きく見開いたままかりんは固まっておりました。
かりんを無理矢理引っ張り出すと刺激してしまいそうな気がしたので
平静を装いながら、彼に外に出るよう説得して事なきを得ました。

karin_08_09.jpg

不思議なことに、この後からかりんの彼に対する態度が少し変化しました。
彼の存在をより意識し、後を追ったり遊びに誘うような態度を示すようになりました。
まだ、顔を近づけたり抱き締めたりされるのは嫌がるのですが
少しずつ受け容れている様子が手に取るようにわかってきました。

彼との関係…「どっちが上か?」かりんの中では非常に微妙なところなのでしょう。
彼がもう少し大きくなり、そしてかりんももう少しオトナになったら
きっとステキな仲良しさんになれるような気がします。