かりんが待ちに待った妹家族が、予定通り我が家に到着しました。
荷物を家に運び入れる間、嬉し過ぎて身の置き場に困っているかのように
バタバタと忙しなく動き回るかりんの姿がありました。

20151228-karin_15_150.jpg

夕方の散歩は、甥っ子も一緒。
いつもの散歩コースの中でも、ちょいとスペシャルなコースを選択し
先導するかのようにグングン・グイグイ進みます。

20151228-karin_15_151.jpg

甥っ子が加わるだけで、母さんにとっても特別な散歩となりました。
かりんも…きっと同じだったと思います。

さて、いつもは大晦日から実家へ帰省するのですが
今年は妹家族の都合により、年内を実家で共に過ごすことになりました。
母さんたちも今日から実家へ帰省するので、これが今年最後のブログ更新です。

2015年は、かりんや母さん自身に変わったことはありませんでしたが
母の認知障害という現実と向き合う、スタート地点に立つこととなりました。
どうしても、気持ちがどんより沈んでしまいがちな現実を目の前にして
それを、いかにして前向きに捉えるかということに
気持ちを向けようとした年でもありました。

20151228-karin_15_152.jpg

きっと、全てが上手くいく!と思いながら、今年を締めくくりたいと思います。
それでは皆さま、よいお年をお迎えください!!