脚がヨロヨロだったり、思いがけない場所で用足ししちゃったり。
先日来、かりんのそんな姿を書き連ねていましたが
実は、そんなのどうでもいいくらい、心配なことがあります。
それは、ご飯を食べてくれないことです。

null

腎不全なので、当然の如く食べられるものは限られており
ドクターから細かく指示を仰いでいます。
基本は療法食の缶詰で、これに「食べて良い」食材を加えたりします。
しかし、食べる量は、必要量にまったくもって届いていません。

おまけに、好んで食べていたものを急に嫌がるようになったり
「これは!」と思った母さんのアイディアが徒労に終わったりと
母さんを、思いっきりブンブン振り回してくれています。
ですから、ご飯を用意している時はドキドキします。

腎不全が進行すると、その症状のひとつとして食欲がなくなります。
食べてくれるようにするための工夫はいろいろあるだろうけれど
食べる行為そのものは、周りが手助けできません。

null

柔らかくってモフモフな毛を持つかりん
それほど痩せているようには見えないかもしれませんが
一番ボリュームのあった頃に比べると約2キロ減り、7.2キロです。

そんなかりんを目の当たりにしていても、変わらず食欲のある自分が
ちょっと腹立たしく思えたりする、最近の母さんです。