先日病院へ行った時、その後の脚の状態を尋ねられたので
「這って少しは移動しますが、立とうとはしません」と答えました。

すると、かりんに問うかのように、「立つのやめちゃったか?」と
ドクターがポツリと言われました。

null

少し前までは、お尻のあたりに手を添えるとフッと腰を浮かし
立って歩こうとする感じがありました。
でも、今は、それがなくなってきています。

null

普通は平行な前足が、どうしても引き攣るように交差してしまいます。
「バッテンはダメ・ダメ!」と言いながら正しい位置に直しますが
この状態では立つことなんてできません。

体重が増えてきたとしても、かりん自身が「立とう」と思わなければ
立つことはできないのかもしれません。
でも、立っているかりんの姿を、母さんは再び見たいと願います。