昨年も何度となく出掛け、そばの東屋でお弁当を食べたりした大きな池。
冬場は積雪のため、出掛けることができなかった場所ですが
素晴らしい陽気に誘われて、久々に行ってきました。

池のそばを散歩していたら、かりんが何だか水の中に入りたそうにしています。
「まだ水遊びには早いよ、またにしようねっ」
そんな母さんの声が全く聞こえていないのか、聞こえないふりをしているのか
あれよあれよと言う間に、ズンズンと池へ入って行きました。
そして、大きな水しぶきをあげて、あっちへ行ったりこっちへ行ったり大忙し。

karin_08_130.jpg

よく見ると…自分がたてた水しぶきを追いかけながら
パクパクッ☆と食べています。

karin_08_131.jpg

どうやら、わざと水しぶきをあげて水の中を突き進み
水の粒を一生懸命に追いかけているようです。
かりんなりの楽しみ方を発見して、無我夢中です。

karin_08_132.jpg

この後、昨年の秋のハーブ園へお邪魔してから
約半年ぶりとなったハーブ園へ寄りました。
「そろそろいらしてくださるかと、お待ちしていましたよ~」
ご夫婦の温かい言葉と笑顔に迎えていただきました。

今年は3月の気温が思うように上がらなかったこともあり
生長が遅れているとおっしゃっていました。
朝晩の気温差が少なくなるにつれてハーブの生長が促され
良い香りを漂わせて出迎えてくれることでしょう。