先月の桜の頃、ちょっと寄り道をしてたまたま見つけた
小さな東屋のある川べりのスポット。
前回は見事な雪柳と桜が迎えてくれましたが
今回は、川の上を悠々と泳ぐ鯉のぼりが出迎えてくれました。

other_08_10.jpg

数組の家族連れが、お弁当を広げたりしながら
沢山の鯉のぼりを前にして、思い思いに過していました。
この日は気温が高かったこともあり、裸足になった子供たちが川の浅瀬に入り
バシャバシャと水音をたてて、楽しそうに遊んでいます。

karin_08_135.jpg

水を目の前にして、じっとしてはいられないかりんでしたが
子供たちの邪魔をしてはいけないので、今回は大人しく帰ることにしました。

同じ場所であっても、季節毎に景色は変わり、それぞれの味わいがあります。
こうしてかりんと一緒に出掛けるからこそ、より感じることができている母さんです。