昨日、近くの公園で地区のサマーフェスタが開催されました。
ここはかりんの散歩コースにある馴染みの公園。
子供向けの出し物があったり、屋台が出ているということで
いつものお散歩気分で、かりんを連れて出掛けました。

会場は、思った以上の沢山の人出があり
子供連れのご家族がわらわらわらわら~。
ぐるっと辺りを見渡しても犬の姿は全くありません。
小さな子供たちも多く、犬が苦手な人もおられると思うので
隅っこの方に腰掛け、まったり過ごしておりました。

すると、1メートルくらい離れたところから
幼稚園くらいの女の子が、とっても熱い視線を
かりんに送っているのが目に入りました。
「凄く触ってみたいけれど、怖くて近寄れない」…そんな感じ。
それでも、お母さんと一緒に時間を掛けて近寄って来てくれて
やっとのことでかりんの身体に触れることができました。
「ワンちゃん、触っちゃった!」嬉しそうな顔が少々興奮気味。
お母さん曰く、初めて犬に触れることができたのだそうです。
その後は、ちょこちょこっと近寄って来てはかりんにタッチ。
その度に満面の笑みが広がっていました。

karin_08_192.jpg

沢山の人の中でしたが、かりんの落ち着いた様子に
かなりホッとした母さん。
いろいろな方に声を掛けられたり、撫でてもらったりして
いつもの休日とは一味違った時間を過ごすことができました。
ただ一つ、とっても残念だったのは
母さんがカメラを持たずに出掛けたこと…です。

― おまけ ―
初めて犬を触わることができた女の子。
「ねぇ、穴が開いてるよ~」と指差した先には…かりんのお尻の*。
「触ってもいい?」との大胆発言に、大笑いしそうになりました。