今年の1月、無謀な挑戦を試み
途中であえなく断念してしまった、公園のアスレチック遊具。
その後も何度か足を運んでいたのですが、全く興味なし。
きっともう、懲りてしまったに違いないと思っていたので
今回も、何気なく前を通り過ぎようとしたら…。
な・な・なんと!
ササ~ッとやって来て、軽い足取りで上り始めました。

karin_08_251.jpg

karin_08_250.jpg

karin_08_249.jpg

「ああ~っ、危ないっ!」と思う間もなく
あっという間に、危なげない足取りで上ってしまいました。
その巧みなバランス感覚に脱帽です。

karin_08_252.jpg

でも、上りきった後のかりんの後脚が
小刻みに震えていたのを、母さんは見逃しませんでした。
平気そうに見えたけれど、やはりちょっと怖かったのかしら?
それとも、普段あまり使うことのない筋肉を使ったから
脚が…笑っちゃった?