1月終わり、母さんの嫌な予感的中となってしまった
『ニキビダニ』がやっとのことで治り、ホッとしていたところ
まだまだ続くこととなった膀胱炎の治療。

1ヶ月の投薬が終わったので、再び検尿をしてもらいに
内心ドキドキしながら病院へと出掛けました。
実は…かりんの男の子のような脚を上げての用足しや
チョビチョビの用足しは以前と全く変わっておらず
「まだ治っていないかも…」と、少しばかり覚悟していました。

karin_09_61.jpg

検査の結果、前回7.5だったph値が、正常範囲内の6.5になり
投薬は、めでたく終了しました。
なお、この用足しスタイルについては、長らく続いていたため
クセになっている可能性もあるとのこと。

約2ヶ月続いたかりんの投薬治療も、これでお終いです!
一安心した母さんは、慎ましやかに快気祝の宴を催しましたとさ。