時々、かりんにオヤツ(…と言ってもドライフード)を数粒あげるのですが
いつもは、「座れ」・「伏せ」・「待て」などのコマンドの復習を兼ねています。

今日は、母さんの気紛れで、ちょっとばかり趣向を変えてみました。
オヤツに小さな透明の容器を被せ、「待て」から「よし!」。
「へっ?」というような表情で、母さんの顔と目の前のオヤツを見比べてから
穴が開きそうなくらい、オヤツをじぃぃ~っと見つめています。

karin_09_76.jpg

再度、「よし!」と言ってみても、まだそのままで待っています。
挙句の果てには、小さく「アウゥ~」と声を発し、「どうすりゃいいのさ?」状態。

karin_09_77.jpg

しかし、イイ子で待っていてもダメだということが、やっとのことでわかったようで
次なる手段…前脚の一撃☆が、容器へと落とされました。
すると、ひっくり返ろうとする容器の下から、オヤツが転がり出てきました。
「お見事~!」

このまま延々と待っているかもしれない…と、思ってもいたのですが
何とかオヤツを手に入れることができました。
そして次からは、じっと待つことなく早い段階で一撃☆していました。
でも、またしばらくしたら…忘れちゃうかもね~かりん