化粧をするために母さんが鏡に向かうと
丁度…かりんのハウスを背にする格好になります。
一生懸命、顔に塗り塗り&描き描きしていると
背中にやんわりと突き刺さる視線を感じることがあります。
鏡越しに後ろを見ると、じぃ~っと見つめるかりんの姿。

karin_09_109.jpg

以前は、そばに寄って来て化粧道具を覗き込んでいたのに
今では凄~く冷めたような目で見つめるばかりです。
「そんなに塗るの?」って声が聞こえたような気がするけれど
きっと…母さんの空耳よね~。