« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

寝姿

2006年11月30日

どんなに悪戯しても言うことを聞かなくても
気持ち良さそうに、幸せそうに寝ている姿を見ると
そんなことはすっかり忘れてしまいます。
寝姿は…まるで天使のよう。

karin_57.jpg

前足が組み合わさり、後足の間に挟まっています。
何だか人間っぽくて可笑しい。

karin_58.jpg

後足が顔にくっつくなんて信じられません。
身体が驚異的に硬い母さんは、ちょっと羨ましいわぁ。(笑)

投稿者 hako : 09:18 | コメント (6) | トラックバック

激しい顔

2006年11月29日

ここ数日来のかりんは、ちょっと妙。
全く見向きもしなくなっていたボールや靴下での遊びが
突如として復活したのです。
それがまた、以前に増して激しいの何のって…。

karin_56.jpg

見事な歯並び!…じゃなくて、強烈な顔!(汗)

karin_55.jpg

いつもは、おすましなかりんも、こ~んな姿になるのです。
このギャップもたまりません。

投稿者 hako : 07:41 | コメント (8) | トラックバック

ルイ(瑠衣)

2006年11月28日

私の実家で飼っていた2代目の柴犬は
初代の柴犬が産んだ3匹のうちの1匹で、名前をルイといいました。
母親は激しい性格でしたが、父親に似たのか
とても穏やかで優しい犬でした。

母親が亡くなった後も元気に過ごしていましたが
気がつくと16歳にもなっていました。
その年、動物愛護週間の企画のひとつとして
保健所から“長寿犬の表彰”をしたいとの連絡があり
管轄内で2番の長寿犬として表彰していただきました。

rui_01.jpg
   当時のルイ

この歳になると視力は落ち、耳も聴こえなくなっているようで
歩みもヨボヨボとした心もとないものとなっていました。
時々、庭の中で好きなように歩かせていたのですが
その日はたまたま門が開いていたようで
ちょっと目を離した隙に姿が見えなくなったのです。
あの歩みでは、そう遠くに行けるはずもないし
いつもの散歩コースやその近辺をくまなく探しましたが
「忽然と消えた」…正にこの言葉通り、その姿は見つかりませんでした。

今から約6年前のその頃
私は実家から離れて暮らしていましたので
その話を聞いて即座に対応することができませんでした。
また、迷い犬の捜し方に関する知識もなく
保健所に連絡することも、警察に連絡することも知らず
ただただ周辺を捜し回っておりました。

これは悔やんでも悔やみきれない記憶として
今でも心の奥で疼いています。
もう既にこの世にいないであろうルイのことは
決して忘れることはありません。
見つけてあげられなくてごめんね…ルイ。

投稿者 hako : 09:48 | コメント (10) | トラックバック

家庭の医学-犬版-

2006年11月27日

買おうかどうしようか迷っていた本を、先日手に入れました。
それは“イラストでみる犬の病気”

イラストで表現しやすく理解しやすい病気
または、代表的な病気を取り上げて
原因・特徴・症状別に解説してあります。
しかし、当然のことながら専門用語が並んでいるため
一般向けと言えども少々読み難いというのが正直なところです。

karin_49.jpg

現在のかりんは持病もなく
いたって健康体なので、あまりピンと来ませんが
情報としてインプットしておくことは悪いことではないと思いまして。

人間用の“家庭の医学”は持っていないのに…。(笑)

投稿者 hako : 08:03 | コメント (8) | トラックバック

天然ドッグラン

2006年11月26日

昨日は久々の青空が広がり気持ちの良い日となりました。
これから本格的な冬に向けて、こんな天気は滅多にありません。
そこで、先日偶然見つけた堤防沿いの原っぱに出掛けました。

犬連れに出会うかもしれないと期待して行きましたが
出会ったのは、ウォーキングの夫婦と
ラジコンのヘリコプターを飛ばして遊ぶ家族連れのみでした。

karin_54.jpg

ほとんど貸切状態の原っぱに狂喜乱舞のかりん
ボールとフリスビーを持って行きましたが
あちこちをクンクンするのに余念がなく、全く興味なし。(苦笑)

おまけに、耳が聞こえなくなってしまったのか
一生懸命呼んでも無視・無視・無視~っ!
呼び戻しができていないことを再確認させられた
意気消沈の母さんでした。(涙)

さて、気を取り直して…っと。

karin_52.jpg

最高~の笑顔が撮れましたっ。

karin_53.jpg

それと、最高の…。(汗)

しっかり運動したお陰か、夕食は珍しく完食し
気持ち良さそうに眠りにつきました。
楽しかったんだね~。(笑)

投稿者 hako : 11:05 | コメント (12) | トラックバック

ハンター

2006年11月25日

狩猟本能をくすぐられるのか、動くモノに過剰反応のかりん
その中でも、虫はたまらなく魅力的らしいです。

karin_51.jpg

部屋の中でショウジョウバエ1匹でも見つけたら、もう大変!
たとえ食事中であってもハンティングが始まってしまいます。
カツン・カツンッ☆と空を切りながらの闇雲な攻撃。
それでも諦めず、執拗な攻撃は延々と続きます。

時に、壁の小さな黒いシミをじ~っと見つめるかりん
あの~、それは虫じゃないんですけど…。(汗)

投稿者 hako : 08:07 | コメント (2) | トラックバック

麦ちゃん

2006年11月24日

散歩の時、たまに見かけていたボーダーコリー。
いつもは挨拶だけだったのですが
その日は珍しく、お話しながらの散歩となり
初めて“麦ちゃん”という名前を知ったのでした。

首にドーナツ型のフライングディスクを掛けており
「上手にキャッチしますよ~」と
近くの広場で実演していただくことになりました。
ホント!投げられたディスクを見事にキャッチ!!
それが楽しくて楽しくて仕方がないという感じでした。

すると…。
「この子は病気持ちで、余命1ヵ月と診断されたのですが
もう3ヶ月も生きてるんですよ」との言葉が
飼い主さんの口からポロッとこぼれました。
その目は潤んでいたように思います。

karin_50.jpg

それから2ヶ月。
あれ以来“麦ちゃん”を見かけることはありませんが
「どうか元気でいてくれますように」と、祈る気持ちでいっぱいです。
かりんにも優しく接してくれた“麦ちゃん”
また…会いたいねっ♪

投稿者 hako : 07:30 | コメント (8) | トラックバック

トゥースポーチ

2006年11月23日

生後4ヶ月頃、ドクターのところへ連れて行った時
「あぁ~前歯が抜けとるなぁ」という言葉を耳にして
「えっ?」と思ってしまった母さん。
犬も乳歯から永久歯に生え変わるという当然のことを
恥ずかしながら初めて知ったのでした。(苦笑)

記念に乳歯をゲットしたいと思ったのはいいけれど
なかなかブツは手に入りません。
口の中でカラカラカラ、カリカリカリ…と
抜けた乳歯をもてあそんでいるのを見つけ
あっ!と思った時は既に遅く、ブツはかりんの胃袋の中へ~。

それでもやっとの思いで1つだけ確保しました。
(本当は犬歯が欲しかったんだけど…)

karin_48.jpg

しかし、確保した乳歯は酒瓶の蓋に入れたまま放置され
このままではいつか無くなってしまうかもしれません。
そんな時、ドッググッズを扱っているお店で見つけたのが
鹿革の“トゥースポーチ”

karin_47.jpg

母さんのアクセサリーにもなるし、お守りにもなるんだって。
どうか母さんを守ってねっ!かりん

投稿者 hako : 07:09 | コメント (8) | トラックバック

深窓の令嬢?

2006年11月22日

窓際にちょこんと座って
じ~っと外を眺めている猫ちゃんの姿をよく見かけますが
犬の姿はあまり見かけないように思います。

窓から外を眺めるのが大好きなかりん
道行く人や庭に遊びに来たスズメを目で追ったりしながら
置物のように座り続けています。

2階の自分の部屋(母さんの部屋でもあるけど)は
腰高窓しかないので、かりんには外が見えません。
そこで、PCをしている私に「膝の上に乗せてよ~」と訴え
母さんの膝の上から外を眺めて満足しています。

karin_46.jpg

通りすがりの子供達が「あっ!ワンちゃんだ」と言って
寄って来てくれることもあります。
かりんのお陰で、近所の子供達とも顔見知りになれました。

投稿者 hako : 07:52 | コメント (4) | トラックバック

悪戯

2006年11月21日

悪戯した時のかりんの行動は2パターン。

その1…ひたすらシラを切る。
     母さんの気配がすると、素早く犯行現場から離れて知らん振り。
     「これは誰がやったの?」と訊くと「さぁ~?」って表情。

その2…怒られる前に謝っておく。
     ダダダダ~ッ!と母さんのところへ来て、やたらクネクネして媚を売る。
     「甘えてるのかな?」と一瞬思うけど、何となく違う。
     別室へ行ってみると悪戯の証拠が散乱。

karin_45.jpg

現場を押さえて叱らなければ意味がないので
どちらのパターンも叱るタイミングを逃してしまいます。

希に現行犯逮捕して叱ることもありますが
「お願いだから叱らないでぇぇ」と一生懸命に甘えてくる姿に
鬼・警部の顔もついついゆるみます。
また、叱られる前に反省室(ケージ)の中へ
自主的に入ることもあったりして…。(笑)

いいタイミングで叱るのは本当に難しく
「あまり叱りたくない」という想いもありますし
結局は、悪戯されないような環境作りを心掛けることが
一番大切な気がしています。

が…実際には思わぬ悪戯をされたりするので
なかなか大変ですけど。(苦笑)

投稿者 hako : 09:56 | コメント (4) | トラックバック

マナー

2006年11月20日

かりんと一緒に朝夕の散歩をするようになってから
今まで以上に気になり始めたのが路上のゴミ。
何でもかんでも口にしてしまうかりんにとって
格好のターゲットになってしまいます。(苦笑)

一番多いのが…タバコの吸殻。
近頃では歩きながらの喫煙を禁止しているところもありますが
それはほんの一部の場所に過ぎませんものね。
「喫煙しないで」とまでは言いませんが
せめて携帯の灰皿を持ち歩くくらいのマナーは…ねぇ。

それと、同じ犬と暮らす者としては恥ずかしいことですが
糞の放置が多いのも事実です。
流石に、路上にそのまんま…ではありませんが
植え込みに放置してあるのをよく見かけます。

karin_44.jpg

スコップだけ持って草むらに捨てる飼い主さん。
可愛いワンちゃんのウンチじゃないですか~
ちゃんと持って帰りましょうね!

投稿者 hako : 11:30 | コメント (4) | トラックバック

ガウガウな顔

2006年11月19日

オモチャをガジガジした後や、前足をはみはみした後
ふと顔を上げると「ガウガウ」になっていることがあります。
上唇がめくれ上がったまま、歯茎に引っ掛かっているんですね~。

小さい頃はよく見られた光景なのですが
あまり遊ばなくなってしまった今は、滅多に見られなくなりました。

karin_43.jpg

この顔で見つめられると、ついつい笑ってしてしまいます。
「何がそんなに可笑しいのぉ?」って
かりんはキョトン…としていますが
それがまた可笑しくて、笑いは更にエスカレートしていきます。

投稿者 hako : 10:36 | コメント (8) | トラックバック

前足はみはみ

2006年11月18日

うちに来た頃から、かりんはよく前足をはみはみしていました。
この動作は、どうやら眠たい時に多く見られるようで
まるで人間の子供の“指しゃぶり”みたいです。

「何らかのストレスによるものではないか?」と思ったりして
ちょっと心配したこともありましたが
傷ができたり剥げたりするようなこともないので
必要以上に気にしないようにしています。

karin_42.jpg

前足がなくなってしまうのではないかと思うくらいの
豪快なかぶりつきですが
カプッ!と頬張る様子は何とも愛らしく
今では眠りにつく前の儀式になりました。

投稿者 hako : 10:46 | コメント (2) | トラックバック

独立心

2006年11月17日

かりんは9ヵ月になるくらいまで
自分の部屋のケージで寝させていました。
しかし、ある日私達の寝室で眠ってしまったのをきっかけに
同じ部屋で眠るようになってしまいました。
試しに、以前のようにケージへ戻すと
「出して~!」と鳴いて訴えるのです。(苦笑)

が…ここ最近はちょっと変わってきました。
就寝時間になると自分の部屋のバリケンに入り
そのまま眠ってしまうようになったのです。
「一緒に寝る?」と誘っても興味なさそうに見つめるだけ。

karin_41.jpg

どうやら独りで眠りたいようです。
まるで、今まで一緒に眠っていた子供が
「独りで寝る」と言い出した時の母親の気分です。
嬉しいような寂しいような…母さん複雑。(苦笑)

投稿者 hako : 07:35 | コメント (4) | トラックバック

まんまる

2006年11月16日

ここのところ朝晩めっきり冷え込むようになり
暖房器具が恋しくなってきました。

真夏はフローリングの上で手足をう~んと伸ばして寝ていましたが
今はその逆で、可能な限り小さく丸くなって
鼻先を身体に隠して寝ていることが多くなりました。

karin_40.jpg

可愛い可愛い“まんまる”のかりん
さて、どんな夢を見ているのでしょう?

投稿者 hako : 07:25 | コメント (4) | トラックバック

柴犬グッズ

2006年11月15日

最近はどうしても柴犬グッズに目が行くようになり
ショッピングをしていても、ついつい探してしまいます。
それも「どこで買ったの?」と聞かれるようなステキなもの。

「キーワード:柴犬」であちこちネットサーフィンをしていて
探し当てたのが“主に犬雑貨 大宇宙屋”さん。
犬の陶器を中心に、便利なアイテムや焼物作品などを扱っておられるショップです。
陶器の絵柄は、柴犬の他に
コーギー、キャバリア、ボーダーコリー等のバージョンもあります。

今回、箸置き&ちっちゃな陶器の置物(商品名:いぬまる)を購入しました。

karin_38.jpg

箸置きの絵柄も、ひとつひとつ手描きによるもので
最小限の線で「柴犬らしさ」が見事に表現されています。

karin_39.jpg

“いぬまる”は親指くらいの大きさの愛らしい置物で
こちらは、かなり沢山の犬種があります。
それぞれの特徴が凝縮されているって感じです。

こうしてお気に入りの柴犬グッズがだんだん増えていくと
何だか嬉しくなっちゃいます!

投稿者 hako : 09:46 | コメント (2) | トラックバック

ケージ&バリケン

2006年11月14日

留守番する時のかりんは、ケージ&バリケンに入っています。
最初はケージだけを使っていたのですが
車酔い防止のためバリケンを購入してからは
それぞれの入り口を合わせて置いて使っています。

karin_37.jpg

ケージに慣れさせるのには苦労しましたが
バリケンにはスグに馴染んでくれたので助かりました。
どの部屋に置いてあっても
知らない間に入ってくつろいでいるので
「安心できる場所」として定着しつつあります。
緊急事態(災害など)があった時のためにも
ケージやキャリーに慣れておいた方が良いとのことです。

投稿者 hako : 15:42 | コメント (2) | トラックバック

クマ(玖磨)

2006年11月13日

私の実家の犬、クマと初めて逢ったのは10年前。
当時のクマは野良犬で、実家の先住犬(柴犬)と仲が良く
毎日のように遊びに来ていました。

あちこちの家を回って食べ物をもらっていたようですが
このままでは、いつか保健所に連れて行かれるかもしれません。
以前は誰かに飼われていたようで
「お座り」や「待て」ができる賢い犬でしたし
私の実家で飼うことになったのです。

kuma_02.jpg

しかし、首輪を付けるまでが大変でした。
人間に寄っては来るのですが、微妙な距離を保ち
身体に触ろうとするとサッと逃げます。
人間に対して嫌な思い出があったのかもしれません。

そこで、獣医さんと相談の上
睡眠薬を飲ませて捕まえることになりました。
が…睡眠薬を飲ませたにもかかわらず、そのまま逃走。(汗)
やっとの思いで2回目を飲ませ、首輪を付けることができました。

kuma_01.jpg

あれから9年が経ちます。
野良犬時代のクマは精悍な顔立ちでしたが
家で飼うようになってからは、みるみる穏やかな顔つきに変わりました。

もしかすると、野良犬でいた方が自由で幸せだったかもしれませんが
人間と一緒に暮らす楽しさも味わって欲しかったのです。
さて、クマはどう思っているのでしょう?

投稿者 hako : 11:40 | コメント (8) | トラックバック

まったりマッサージ

2006年11月12日

プロフィールにも書いていますが
かりんはマッサージが大・大・大好きです。
何かの本で「犬にもツボがあり、刺激するとイイ」ことを知り
見よう見真似で首や背中のマッサージをしてみたのが始まり。
最初はそれほどでもありませんでしたが
母さんの腕がレベルアップしていったのか
だんだんと恍惚の表情をするようになりました。
“まったりマッサージ”と名付けて、時折やっていたのですが
今では母さんの前に背中を向けて座り
「やって!やって!」と催促をするようになりました。
自分で座る位置を微妙に変えたりして
気持ち良い場所に当たるようにしているようです。

karin_36.jpg

まだ子供なのにマッサージの気持ち良さを覚えちゃって…。
こうしていると、まるでおばあちゃんみたいですねぇ。(笑)

投稿者 hako : 17:19 | コメント (4) | トラックバック

熱烈歓迎

2006年11月11日

実家での長い滞在が終わり、本日帰って参りました。
家の前の駐車場に車を入れながら、ふと2階を見上げると
ベランダからこちらを見下ろす懐かしい姿が…。
母さんの姿を確認するや否や
踵を返して部屋に跳んで入っていきました。
玄関のドアを開けると
そこには、耳を後ろに倒し身体をクネクネして
身体全体で喜びを表しているかりんの姿がありました。
ああ…やっぱり、ちゃ~んと憶えてくれてたんだぁ。(涙)
この1週間はどんなに一生懸命数えても
「1…1…1…」だった人間の数が
「1、2…1、2」になって、何だか安心したみたいです。

karin_35.jpg

母さんもかりんの元気な姿を見て、本当に安心したよ。
また毎日一緒だねっ。

投稿者 hako : 20:59 | コメント (4) | トラックバック

甦る記憶?

2006年11月10日

かりんの中の母さんの記憶が薄れそうなので
「わからないだろう」と思いつつも、試しに写真を見せてみたそうです。

すると、ビックリ!
じぃ~っと写真を眺めた後、ワンッ!と一声。
その後は何かに憑かれたように
母さんの服をクンクンしては吠えていたそうです。

果たして母さんの記憶は甦ったのでしょうか?
明日の反応が楽しみな母さんです。

投稿者 hako : 13:32 | コメント (2) | トラックバック

肉球 - part 1 -

2006年11月09日

室内で飼っているせいなのか
はたまた、母さんの鼻が麻痺してしまったのか
かりんは、犬臭く感じることがあまりありません。

が、1箇所強烈な香りを醸し出しているところがあります。
それは…肉球。
普段はあまり感じないのですが
身体が温まっている時(寝起きなど)は素晴らしくにおいます。
でも、そのにおいは決して“臭い”ではなく“匂い”なのです。
一言で表現すれば“マカダミアナッツ”
何とも香ばしいナッツの香りぃ~♪

karin_31.jpg

みんなの肉球はどんな香りがするのかな?
母さんはかりんの肉球の香りのファンです。

投稿者 hako : 07:41 | コメント (4) | トラックバック

カレンダー

2006年11月08日

気がつけば、今年も後2ヶ月足らず。
先月あたりから少しずつ
店頭に来年のカレンダーが並ぶようになりました。
昨年は思い立ったのが遅すぎて
柴犬のカレンダーを手にすることができませんでした。
ですので、今年は早めにネットで注文し
既に手元に届いています。

karin_32.jpg

と~っても気の早い話ですが
是非とも再来年のカレンダーはかりんをモデルにしての
オリジナルを作りたいと意気込んでおります。

投稿者 hako : 11:12 | コメント (4) | トラックバック

母さん危うし

2006年11月07日

かりんと離れて4日になります。
最初は「母さん」という言葉に過敏に反応していたそうですが
日が経つにつれて反応が鈍くなっているようです。(汗)
ヤバいぜ…母さん。

今日は4ヵ月頃のかりんをどうぞ~。

karin_34.jpg


投稿者 hako : 08:19 | コメント (6) | トラックバック

老犬

2006年11月06日

私の実家には、推定13歳の老犬(名前はクマ)がいます。
この犬が、私が帰省した翌日、急に具合が悪くなりました。

頭が片方に傾き、後足がヨロヨロして真っ直ぐに歩けなくなったのです。
今日、病院へ連れて行きましたが、加齢による循環器不全と診断されました。
投薬して様子を見ることになりましたが、何せ自然の摂理によるものなので
後はクマの頑張り次第です。

この急な衰弱は、私の帰りを待っていたような気がしてなりません。
仔犬のような寝顔を見ていると、愛しさがこみ上げてきます。
クマ…まだまだ長生きしようね。

投稿者 hako : 08:48 | コメント (6) | トラックバック

車酔い -2-

2006年11月05日

かりんとのドライブを楽しみにしていた母さんへのアドバイスとは?
「車に乗せる時はキャリーに入れる」こと。

車内では後部座席のヘッドレストにリードを繋いでいましたが
それだけでは車の動きによって身体が振られてグラグラ~。
狭いキャリーに入れることで身体が安定し
万が一、急ブレーキをかけた場合も安全です。
(犬を助手席に座らせていて(リードもなし)
 急ブレーキをかけた時、前方のダッシュボードに激突し
 顎の骨を折ったという話を耳にしていましたので。)

ところで、実際に試す前に
キャリー自体に慣らしておいた方が良いと思ったので
普段も扉を外したキャリーを部屋に置くことにしました。
嫌がらずに入ってくれるか心配でしたが
お気に入りのマットを敷いておいたせいか
すんなりと入ってくれました。
やはり、狭くて暗いところが好きなんですね。

karin_25.jpg

さて、実際に試す時がやってきました。
乗せてしばらくは落ち着かない様子でしたが
そのうちキャリーの中で伏せているようになりました。
結局、今までのような可哀想な状況に陥ることなく
無事に目的地往復を果たしたのでした。
いや~、本当によかった!

これでかりんと一緒にあっちこっちドライブができるねっ。

投稿者 hako : 10:03 | コメント (2) | トラックバック

車酔い -1-

2006年11月04日

犬にも車酔いがあると聞いてはいましたが
まさかこれほどとは思ってもみませんでした。
そうなのです…かりんは車に酔うのです。

最初にかりんを車に乗せたのは、初めての病院行き。
ドクターのところまで片道15分の道のりですが
往復ともに特に変わった様子がなかったので
車酔いという言葉は頭の中から消し飛んでおりました。
後で思えば、この15分というのが限界点だったのかもしれません。

数日後、片道30分のドッグカフェへ車で向かいました。
すると、車に乗って数分もしないうちにアクビを連発し始めました。
「くつろいでるんだなぁ~」なんてお気楽なことを思いながら
信号待ちで後部座席のかりんを見てビックリ!
ヨダレが、だぁ~だぁ~と流れているではありませんかっ。
当の本人はヨダレを舐めることも忘れフリーズ状態。
何とかカフェに到着し、何事もなかったかのように振舞っていましたが
復路はヨダレとフリーズ状態が更に酷くなり…。
家の玄関に入った途端
フローリングの上で身体全体を波打たせながら、※%#&~!

karin_24.jpg

こんなことが3回位続いたでしょうか。
「愛犬とドライブ~」の夢は無残にも打ち砕かれ、意気消沈の母さん…。
そんな母さんのせめてもの救いは
こんな想いをしても、かりんが車に乗ることを嫌がらなかったことです。(涙)

しかし、そこに良いアドバイスが入ったのです。
  <次回へ続く>

投稿者 hako : 07:36 | コメント (-) | トラックバック

お断り

2006年11月03日

突然ですが…。
今日から1週間ほど実家へ帰省することになりました。
訪問してくださった方、本当にごめんなさい。
コメントが遅れてしまうかもしれませんので
あらかじめお断りしておきますね。

来週末にはこちらへ戻って来ますので
どうか忘れないでくださいね~。

karin_33.jpg

 「早く帰って来てくれないとガウガウしちゃうよ~」

投稿者 hako : 08:31 | コメント (4) | トラックバック

BIRTHDAY PRESENT ☆

2006年11月02日

昨日のかりんの誕生日には
ケーキの他にプレゼントもありました。

かりんが喜びそうなオモチャを…と思うのですが
何せ“デストロイヤー”ですから
大抵のものはガジガジして壊してしまいます。
いつぞや、豚皮のオモチャを買ったら
ものの数分もしないうちにゴミにしてしまいました。(泣)

「耐久性があって犬心をくすぐるモノ」という厳しい条件の中
見つけたのが、このボールです。

karin_29.jpg

かなり興味を示したようで、食いつきはOKみたいです。


karin_30.jpg

手乗りボールですか~。
何だか遊び方が違ってるような気がするんですけど?
まっ…好きに遊んでくださいな。
かりんが喜んでくれて、母さんも嬉しいよん。

投稿者 hako : 09:50 | コメント (6) | トラックバック

HAPPY BIRTHDAY !!

2006年11月01日

今日はかりん1歳の誕生日です。
うちにやって来てから初めて迎える誕生日です。
さて、どうやってお祝いしましょうか?

誕生日と言えば欠かせないのがケーキですが
この辺りには犬専用のケーキを扱っているような
オシャレなお店はありません。
こうなったら、母さんが手作りするしかありませんね~。
でも、かりんには人間の食べる物は一切あげていないので
手作りと言っても…う~ん、う~ん…。(悩)

悩んだ挙句に出来上がったのがコレです。
                    ↓

karin_26.jpg

  材料 : 缶詰フード、ドライフード、フリーズドライの挽き割り納豆

karin_27.jpg

「早く食べたいぃ~」って、じっとしていないかりん
無理矢理静止させてパチリ!
これからも沢山の誕生日を一緒に祝おうねっ。
お誕生日おめでとう!かりん!!
そして、うちに来てくれてありがとう!

【番外編】

karin_28.jpg

「こんなの食えるかぁぁ~」
星飛馬の父ちゃん状態のかりん
…のわりに、ちゃんと食べてますねっ。(ホッ…)

投稿者 hako : 08:50 | コメント (10) | トラックバック