« ぐったり… | メイン | エリカラ登場 »

辛抱

2007年01月22日

「何だかとんでもないことになってる…」とでも思っているのでしょうか
今日もかりんは一生懸命に術痕を舐めています。
そのうち、疲れた様子で舐めることを止めるのですが
痛みがあるせいか、目は開けたままでじっと何かに耐えているようです。

karin_124.jpg

母さんがかりんにしてあげられることは
そばにいて「もうちょっとの辛抱だからね」と言って撫でるくらいです。

かりんの苦痛を少しでも和らげることができたら…と、心から思います。
今はかりんと一緒で、母さんも辛抱の時かもしれません。

投稿者 hako : 2007年01月22日 08:30

コメント

なんだか、切ない顔してますね・・「ぽんぽん痛いの・・」っていうのがいいですね~、子供そのものです。母のあの優しさが側にあれば、幸せですね。男の子の去勢はお腹を沢山きる訳ではないんでそんなには痛くないらしいんですが・・店長のとこのプーちゃんは当分かりんちゃんの様だったらしいです。

投稿者 momomama : 2007年01月22日 08:47

とても切ない顔ですね。。。
早くもとのかりんちゃんに戻るといいですね。
hakoさんもかりんちゃんもガンバレ!!!

投稿者 saku : 2007年01月22日 10:35

momomamaさん へ
元気な時でも寂しげな顔なのに
それが更に更に寂しそうで切なそうになっています。
今は私の存在はあまり目に入らないようで
自分のことで精一杯って感じです。(苦笑)
歩きたがりませんし、ご飯もあまり食べません。
う~ん、いつまで続くんだろう…。(苦笑)

投稿者 hako : 2007年01月22日 10:53

sakuさん へ
そう…切なそうな顔をしてるでしょう?
只でさえこういう顔なのに、益々哀しそうです。(苦笑)
励ましていただいて本当にありがとうございます。
一日も早く、いつもの元気な姿に戻って欲しいと祈るだけです。

投稿者 hako : 2007年01月22日 10:56

そうそう先程言うの忘れたんですが
リンクさせていただいていいでしょうか?
お返事待っております(*^_^*)

投稿者 saku : 2007年01月22日 12:42

やっぱり違和感がとってもあるんでしょうね…
めりちゃんの時の様子はあんまり覚えていないのですが、
(今から16〜17年くらい前で、私は小学生だったので…)
抜糸の時も痛かったみたいです。。。
でも、後々の病気のことなどを考えると、今手術することは必要なことだったので、
もう少し、辛抱してね。。。
早く元気なかりんちゃんに戻れるように、祈っています!

投稿者 めり姉 : 2007年01月22日 12:44

やっぱり、手術あとって痛いんですね。

帝王切開で産んだ人が、やはり猫背で、痛そうに歩いておられたのを見たことがあります。痛いからなんですよね。

代わってあげる事も出来ないし、早く痛みが無くなり、元気な
かりんちゃんに成ります様に・・・

投稿者 柴天 : 2007年01月22日 13:24

かりんちゃん、傷口気になるのね。勿論
縫ってあるから、痛いでしょうね。
あまり舐めると、赤くなって化膿しちゃうから
ちょっと我慢よ!サラは全然痛がらず
跳ね回っていたのを覚えています。
あの子は不死身だったのかな?
もうちょっとだからね。

投稿者 エメラルド : 2007年01月22日 13:50

今が一番辛い時ですね。。。
こればっかりは時が解決してくれるので
指折り数えて待ちましょう・・・
ママが側に付いていてくれるだけで安心ですから。。。
モモもご飯食べたくないし、ボール遊びもしたくない・・・
という感じでした。。。
心配したんだけど、三日目には新聞運びして遊んでました
かりんちゃんも痛みが早く取れますように。。。
(そぅいえば、あまり痛がったので次の日に
痛み止めの注射を打ってもらいました。。。)
モモは痛みに弱い犬だったようです

投稿者 みな象 : 2007年01月22日 14:20

無事に終わってよかった~。
まあ、hakoさん、よく手術に立ち会ったものです。感心しました。私はだめだわ。
ところでwリザベスカラーは着けないんですね。へぇ~。
舞は傷跡を舐めて(カラーが小さかったので舌が届いてました)抜糸が遅れました。

投稿者 miiba-ba : 2007年01月22日 15:08

sakuさん へ
リンクの件、喜んで!
こちらも貼らせていただきますねっ。

投稿者 hako : 2007年01月22日 19:49

めり姉さん へ
何だか訳のわからないことをされて
おまけに痛みもあるし、軽い放心状態って感じです。
実家の犬達も避妊手術をしたのですが
外飼いだったので詳しい様子はわかりませんでした。(苦笑)
励ましていただいて本当にありがとうございます。
私もかりんも、とっても心強いです!

投稿者 hako : 2007年01月22日 19:59

柴天さん へ
実は私も、1年半前にかりんと同じような場所を
手術したんですよ~。(苦笑)
ですから、かりんの痛みは想像に難くありません。
鎮痛剤が効いているとは言え
ちょっと動くのも大変だった記憶があります。
今はひたすらガマン…ですねぇ。
温かいお言葉が本当に嬉しいです。
ありがとうございます!

投稿者 hako : 2007年01月22日 20:06

エメラルドさん へ
傷口を凄く気にするタイプと
そうでないタイプがあるんでしょうねぇ~。
サラちゃんは痛みに強かったんですねっ。
うちは結構…弱いみたいです。(苦笑)
心強いお言葉をありがとうございます!
そうっ、もうちょっとのガマンです。

投稿者 hako : 2007年01月22日 20:10

みな象さん へ
うちも、モモちゃんタイプだったようで
悲劇のヒロインみたいに打ちひしがれています。
痛いんだから仕方ありませんよね…。(苦笑)
いろいろ教えていただいて参考になりましたし
何よりも、心強いお言葉がありがたかったです。
もうちょっとですから頑張りますねっ。

投稿者 hako : 2007年01月22日 20:17

miiba-baさん へ
ありがとうございます!
自分でもよく立ち会ったと、今になって感心しています。(笑)
舞ちゃんも傷口をう~んと舐めちゃったんですねぇ。
かりんもひたすら舐めています。
こちらの病院では、通常はエリザベスカラーなしです。
が…続きは明日のお楽しみ(?)ってことで。(笑)

投稿者 hako : 2007年01月22日 20:25

つぶらな瞳が、切ないですね。
昨日の写真も、しっぽの下がり具合を見れば、
かりんちゃんがどれだけ不安になってるか、痛いほど分かります。
早く今の身体に馴れて、
元気に飛び跳ねるようになることを願うばかりです。
ゆっくり静養してね、かりんちゃん。そしてhakoさん。

投稿者 あずき : 2007年01月23日 00:48

あずままさん へ
術後は不安の塊という感じで
見ていて胸が痛くなってしまうくらいでした。
それでも、少しずつですが元に戻ってきています。
今は元気な頃の悪戯が懐かしくって…。
早くガジガジできるくらいになって欲しいですね。
温かいお言葉をいただいて、本当にありがとうございます!

投稿者 hako : 2007年01月23日 07:38