« リセット | メイン | ふわふわ~ »

根比べ

2007年02月17日

毎日、何かしらの悪戯をして叱られているかりん
タオルの端っこをかじって食べちゃったり、観葉植物の土をホジボジしたり
散歩の時には、落ちているものを何でも口に入れたり
今まで同じ理由で何回、いや何十回叱ったかわからないくらいです。

karin_158.jpg

何度言ってもわかってくれないと
母さんの叱る気持ちも挫けそうになります。
でも…そこで諦めてしまうのは
そこで見限ってしまうということでもあります。

焦らず諦めず、気長に言って聞かせるしかありません。
これは、長い長いかりんとの根比べになりそうです。

投稿者 hako : 2007年02月17日 07:46

コメント

いつも穏やかなかりんちゃんと、hakoさんって感じが
ありましたが、そんな事もやってるのね。
怒るではなく叱るって事にhakoさんの愛情が
感じられますね。
気長にいこうって感じで付き合っていくのって
いいですね。だから、かりんちゃん、いっぱい
長生きしてね。

投稿者 エメラルド : 2007年02月17日 07:55

繰り返し繰り返し、同じ時に同じ事を言って聞かせてると
きっと理解できてわかってもらえるって、そう信じてます。
だって顔を見て言葉を掛けてるときに目をじーっと見返して
一生懸命に聞いてる愛犬クンの そんな姿ってあるものね・・。

かりんちゃんも 悪戯ってするんだね、もちろん れん君も!です。
気長に根気良く穏やかに言い聞かせながらいきたいものです・・。

投稿者 れん君まま : 2007年02月17日 08:14

[面白ない。。」って言うの、、可笑しいわ~。ほんとに「叱る」ことにもエネルギーがいるので、ほっといた方が楽に決まってるけど、そこは「大切な我が子」根気よく頑張らないとねー。でも・・3歳位になったら、何にもしなくなって落ち着いて・・これも又寂しい気がするもんです。。

投稿者 momomama : 2007年02月17日 09:37

なんでもかんでも口に入れたらいけないですものね。
心を鬼にして、叱ってあげて・・・

でも叱るのは心が痛むよね~。


投稿者 柴天 : 2007年02月17日 15:11

エメラルドさん へ
穏やかそうに見えるかもしれませんが
なかなかのいたずらっ子なのですよ~。
感情が先行して怒りそうになるのをグッとガマンして
なるべく怖そうに低い声で叱ります。
女性の高い声では
叱られているように聞こえないそうなので…。(苦笑)
これからも、叱り・叱られが続きそうです。

投稿者 hako : 2007年02月17日 17:10

れん君ままさん へ
ワンちゃんのしつけをするに当たっては
こちらの忍耐力も試されるのだと、つくづく思いました。
自分の思い通りにならないと言って
飼育放棄する人もおられると聞きます。
こちらもリーダーとしての威厳を身につけなければ
言うことを聞いてくれないのかもしれません。(苦笑)
私も我が身を振り返らなければ…。

投稿者 hako : 2007年02月17日 17:20

いつも写真がとってもかわいくて
楽しいですね♪
今日の面目ないっていうのもすごくかわいい☆
気長に。。。
わかってるんですが難しいですよね^^;
賢そうなかりんちゃんだからきっとわかってくれますよね!

投稿者 saku : 2007年02月17日 17:20

momomamaさん へ
ホント…できれば叱りたくないんですよ~。
少々の破壊活動はガマンしますが
危険を伴うことは厳しく叱らなくてはいけませんよねっ。
特に“拾い食い”はとても危ないので
いつも頭を悩ませています。(苦笑)

投稿者 hako : 2007年02月17日 17:23

柴天さん へ
何でもかんでも口に入れてしまい
時にはゴックンしていることがあるので
いつもヒヤヒヤしています。
誤飲は本当に恐ろしいですから…。(苦笑)
大切な命を守るため、再々鬼にならなければいけませんっ。
できればなりたくないんだけどなぁ~。

投稿者 hako : 2007年02月17日 17:27

sakuさん へ
「いつになったらわかってくれるんだろう?」って
気が遠くなりそうな時がありますよ~。(苦笑)
諦めたらお終いなので根気強く叱ります。
叱られた直後はシュンとしてしおらしいのですが
次の日にはすっかり忘れているようです。
困ったものです…。

投稿者 hako : 2007年02月17日 17:30

今日の1枚も、ナイスですね!
確かにワンちゃん育ては、根気がいりますよね~。
あずのしつけの最大の悩みは、ハイテンションで
自制が効かなくなると、甘噛みをすることです。
これは半年近くの長期戦になっています。(汗)
やはり、私の言う事は必ず聞く、という信頼関係の
構築が、完璧ではないことが原因なのでしょう。
お互い、気長に頑張りましょうね。

投稿者 あずき : 2007年02月18日 02:09

「叱る」愛情からでるもの。善し悪しを教えられるのはご家族だけです。
その中で築かれていく信頼関係は濃くて深~い絆となり・・
かりんちゃんのためにも挫けないで頑張りましょうね~(⌒-⌒)

「怒って教える」は、その場限り 直に忘れるワンコかな・・
「↑」は、自身の怒りを相手にぶつける最悪の波動!だから怒っちゃダメヨ~と、いつも心しているつもりの母なれど・・(笑)

投稿者 健母 : 2007年02月18日 11:29

あずままさん へ
甘噛みするワンちゃんの悩みは、よく耳にしますね。
うちは甘噛みはほとんどしなかったのですが
遊びに夢中になって牙が手に当たってしまうことがあり
大きな声で「痛い!」と言ってにらみつけていました。
ですから、今も「痛い」って言うと動作が止まります。
力で制する上下関係ではなく
信頼からくる上下関係を築くことができれば最高です。
まだまだ先は長いけど、気長にやりましょう!

投稿者 hako : 2007年02月18日 14:23

健母さん へ
叱るつもりが、つい怒ってしまいそうになる時があります。
そんな時は一呼吸置くようにしていますが…。(苦笑)
それに、私の叱る姿があまり怖くないのか
一向にこたえていないこともあります。
叱るのも本当に難しいですねぇ。

投稿者 hako : 2007年02月18日 14:30