« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

あご枕

2007年03月31日

自分のベッドの縁にあごを乗せているワンちゃんの姿を
よく見かけることがあります。
傍から見ると少々苦しそうに思えるのですが
ワンちゃんにとっては楽な格好なのでしょう。

karin_208.jpg

ふと気がつくと、ちょっとした場所へかりんもあごを乗せて
気持ち良さそうにくつろいでいます。

karin_209.jpg

ワンちゃんグッズの中に“あご枕”があります。
最初は「そんなモノを本当に使うの?」と半信半疑でしたが
気に入れば使うのかもしれません。

かりんには“あご枕”候補が沢山あって、よりどりみどり…です。

投稿者 hako : 08:25 | コメント (14) | トラックバック

つぶやき

2007年03月30日

ワタシは柴犬のお母さんから産まれました。
お兄ちゃん(弟だったかな?)は、もらわれていきましたが
ワタシには新しい家族がなかなか見つかりませんでした。
もう少しで保健所という所へ連れて行かれそうになった時
新しい家族を探してくれる人が迎えに来てくれました。

そして、ワタシは母さんの家の子になり
かりんという名前をつけてもらいました。

そう…ワタシはとても運がよかったのです。
でも、ワタシのように運のいい犬はちょっとしかいなくて
可哀想な仲間がいっぱいいるのだということを
母さんは哀しそうな顔をして話してくれました。

ワタシたちは自分で家族を選ぶことができないし
自分で運命を切り拓くこともできません。
母さんたちの仲間…人間だけが頼りなのです。
それなのに…。

karin_207.jpg

ワタシたちと最期まで一緒にいることって、そんなに難しいことなの?
ワタシは、ずっとずっと母さんたちと一緒にいたいです。

投稿者 hako : 07:32 | コメント (16) | トラックバック

睡眠時間

2007年03月29日

犬の一日の睡眠時間は10~15時間位だそうです。
かりんの一日を思い浮かべてみると、大体それ位になります。

夜はまとめて7時間くらいの眠りに就きますが
母さんと一緒の昼間は、細切れに睡眠をとっています。

karin_206.jpg

犬にも、まとまった睡眠時間は必要とのことで
眠っている犬を構って起こさない方が良いそうです。
母さんは、撫で撫でしてかりんを起こしてしまうので
これからは気をつけなくっちゃ。

かりん!楽しい夢をみてねっ。

投稿者 hako : 07:35 | コメント (20) | トラックバック

一時停止

2007年03月28日

一日の大半を二階の部屋で過ごすかりん
ご飯の時や散歩に行く時は、階段を下りなくてはなりません。
ダダダダ~ッと、勢いよく駆け下りることが多いので
滑って転ぶのではないかと母さんは気が気じゃありません。

「ゆっくり下りなさいよ~」と、声を掛けながら下りていましたが
いつの頃からか、階段の踊り場で一時停止をするようになりました。

karin_205.jpg

母さんの言葉がわかってくれたのだと思いたいところですが
どうやら、「母さんも下りる?」の確認のためのようです。

勇んで下りたのはいいけれど
誰も来ないと不安になっちゃうかりんです。

投稿者 hako : 07:37 | コメント (20) | トラックバック

2007年03月27日

生まれてこのかた、かりんは爪を切ったことがありません。
爪切りを嫌がるからではなく、爪があまり伸びないのです。

「そろそろ爪切りをしなければ」と、爪を見るのですが
血管の近くまで擦り切れているので、切る部分があまりありません。
決して十分な運動をさせているとは思えないので
その理由として考えられるのは
チビ・トラクターのように、「うんしょ、うんしょ」と引っ張るクセ。
きっと、コレでしょう。

karin_204.jpg

母さんは、一度くらい爪切りをしてみたいのですが
このクセが直らない限り、無理かもしれません。
困ったクセも、時には役に立つことがあるのね~。

投稿者 hako : 07:36 | コメント (-) | トラックバック

似た者同士

2007年03月26日

先日来、他のワンちゃんと一緒に遊ぶ機会に恵まれ
刺激的で楽しい時間を過ごすことのできたかりん
その姿をつぶさに観察していた母さんは
今まで、そんなに意識することのなかったかりんの一面を
改めて知ることになりました。

そのひとつが…、ふたつめが…
それから…と、思い浮かべているうちに、ふと思いました。
これって、まるで誰かさんみたい。

karin_203.jpg

そう…まるで母さんです。

よく「飼い主に似る」と言いますが
飼い主に似たのか、はたまた似た者同士が出逢ってしまったのか
かりんの様子を見ながら、ちょっぴり苦笑いです。

投稿者 hako : 07:50 | コメント (-) | トラックバック

集合!

2007年03月25日

ご縁とは不思議なものです。
何の接点もなかった者同士が、犬を通じて知り合うことができたのです。
昨日、その3人プラス4匹が集合しました。

かりんを保護し、私に紹介してくださった“ももママ”さん。
今回は“ももちゃん”&“さゆりちゃん”が同伴です。

momo_01.jpg

“ももちゃん”&“さゆりちゃん”は、ママさんのそばを離れようとせず
ちゃんとイイ子して大人しくお座りしていました。

sayuri_01.jpg

そして、先日お会いしたばかりの“はなはなさん”ちの“はなちゃん”。

hana_02.jpg

初対面の時はお互いにガゥガゥしてしまったので
「今回はどうかな?」とドキドキしながらの再会でした。

karin_202.jpg

しかし、多少のガゥガゥはあったものの
今回は遊びに誘う仕草を見せ、カフェの中を2匹で走る走る~。
「なぁ~んだ、仲良くできるじゃない!」
母さんはホッと胸を撫で下ろしながら
楽しく走り回る姿を嬉しく思いながら見ていました。

karin_201jpg

普段は他のワンちゃんと遊ぶ機会もなくって
家の中にこもりがちなかりんですが
これから季節も良くなることだし、また一緒に遊んでね!

投稿者 hako : 08:36 | コメント (18) | トラックバック

伏せ

2007年03月24日

“伏せ”は犬にとって不利な体勢です。
緊急事態が起こった時、数アクション動作が遅れてしまいます。
ですから逆に言えば、この体勢をしているということは
安心してくつろいでいるということでしょう。

私が子供の頃、実家にいた柴犬(シバ)は気性が荒く
私の前でも決して伏せをすることはありませんでした。
今思えば、心から気を許してはいなかったのかもしれません。

karin_200.jpg

敢えて不利な体勢を取らなければならないのですから
どんな状況にあっても“伏せ”ができるということは
飼い主を信頼していなければできないでしょうね。

かりんは…戸外では、まだまだ無理のようです。

投稿者 hako : 10:25 | コメント (-) | トラックバック

寝ても覚めても

2007年03月23日

以前から、天井を見上げながら「虫は何処?」と
部屋を飛び回る虫に過剰反応だったかりん

冬の間、虫の姿を見かけることはありませんでしたが
ここのところ随分暖かくなってきたせいか
ボチボチと羽虫を見かけるようになってきました。

karin_198.jpg

ベランダに出ても上を見上げて虫を探しています。

karin_199.jpg

部屋のソファーでくつろいでいても
突然、虫はいないかと耳と目をレーダーにして探し始めます。
1匹でも見つけようものなら執念深く探し回り
低空飛行した時にパクンッ☆と跳びかかります。

今のところ、かりんに捕まえられたドジな虫はいませんが
そのうち捕まえる瞬間を見られるかしら?
でも…頼むからヘンな虫は捕まえないでねっ。

投稿者 hako : 07:35 | コメント (20) | トラックバック

走る ≦ クンクン

2007年03月22日

昨日はあまりにも天気が良かったので
つい最近新しく見つけた公園へ車で出掛けました。

そこには芝が敷き詰められた広場があるので
ロングリードに替えて、かりんを走らせることにしました。
が、走るどころか…あちこちをクンクンしてばかり。

karin_196.jpg

「あははは~♪あははは~♪」と楽しそうに走り回る姿を
母さんはいつも頭の中に思い描いているのですが
その期待は大抵裏切られてしまいます。

karin_197.jpg

母さんは颯爽と走るかりんの姿が見たいなぁ。
どうしたら、楽しそうに走ってくれるのかしら?

投稿者 hako : 09:47 | コメント (17) | トラックバック

イメージ

2007年03月21日

かりんを連れて公園などを散歩していると
大人や子供が興味あり気に近づいて来られることがあります。
その時、よくこちらに尋ねられる言葉が
「その犬…大丈夫ですか?噛みませんか?」

大丈夫な旨を伝えると、安心したように撫でてくださいます。
その光景を微笑ましく眺めながらも
“犬=噛む”というイメージは健在だと改めて感じたのでした。

karin_195.jpg

最近はフレンドリーな日本犬も増えているようですが
知らない犬に対して不安を持つのは当然のことです。
ましてや犬が苦手な方にしてみれば尚更でしょう。

母さんも決してかりんを過信することなく
周囲への気遣いを忘れないようにしなくちゃね。

投稿者 hako : 09:47 | コメント (17) | トラックバック

無心

2007年03月20日

まるで瞑想でもしているかのような顔をして
かりんは無心になって、オモチャ用の靴下をガジガジ。
大抵は穴が開いたところで飽きてしまい、そこら辺に転がっています。

karin_194.jpg

ガジガジされた部分はかりんの唾液がたっぷりと付き
翌日にはカピカピになって固まっています。
そのカピカピ部分をまたガジガジして…と
毎日繰り返し繰り返し作業は続きます。

何だか、無心になれる時間を楽しんでいるようにも見えます。
そんな姿を正面からぼ~っと見ているのが、母さんは好きです。

投稿者 hako : 07:39 | コメント (12) | トラックバック

初対面

2007年03月19日

時々お邪魔するショップによく来られているという
柴犬の“はなちゃん”&飼い主の“はなはなさん”。
すれ違いばかりで、なかなか会えませんでしたが
昨日、初めてお会いすることができました。

体重15キロのビッグな女の子です。

hana_01.jpg

し・しかし、会った途端にガゥガゥ~☆
またしばらくして、お互いを睨みながらガゥガゥ~☆☆
そして、ついにガゥガゥ合戦が始まってしまいました。
こうなるとかりんも負けてはいません。(汗)

jake_01.jpg

そんな2匹の間を「僕、どうしたらいいの?」と
心配そうに右往左往するショップの看板犬である
フラットコーテッドレトリバーの“ジェイクくん”。

karin_193.jpg

普段ガゥガゥなかりんを見ることは殆どないのですが
かりんの中の負けん気のようなものを見た気がしました。
でも、母さんはちょっぴりヒヤヒヤしました…。

投稿者 hako : 07:37 | コメント (18) | トラックバック

まん丸ドーナツ

2007年03月18日

小さいドーナツ

karin_191.jpg

大きいドーナツ

karin_192.jpg

まん丸ドーナツが2つも、かりんにはあります。

だから…なのかな?
かりんを見ていると、知らず知らずのうちに
心がまん丸のほんわか~になっちゃうのは。

投稿者 hako : 09:15 | コメント (14) | トラックバック

リーダーシップ

2007年03月17日

「仰向けにし、前足を閉じた形で押さえ込む」
これは、母さんが時々かりんにする行動です。
リーダーとしてちゃんと認めてくれていれば
大人しくされるがままになっているそうです。

最初は暴れようとすることもありますが
その時はしっかり叱ってホールドします。
しばらくそのままの状態を続けていると
だんだん脱力してトロンとした目つきになってくるので
こちらに身を任せた状態になったら
う~んと優しく褒めて自由にしてあげます。

karin_190.jpg

かりんは自分がリーダーだとは思っていないようですが
散歩の時の勝手気ままな行動を見ていると
「?」と思うことがあります。

気がつくとついつい甘やかしてしまっているので
立場が逆転してしまわないように
母さんもリーダーとしての威厳と自覚を持たなきゃ~ね!

投稿者 hako : 09:25 | コメント (12) | トラックバック

ピロピロ笛

2007年03月16日

かりんのあくびは時々こんな風になります。
舌の先が丸まって、まるでピロピロ笛のようです。
丸めながら口の中に格納されると完璧なのですが
流石にそうはいかないようです。

karin_189.jpg

この姿に「はぁぁぁ~」という可愛い音がおまけにつくことがあるので
あくびをする時は目が離せません。
高があくび…なのですが、それさえも楽しめちゃうのです。

投稿者 hako : 07:35 | コメント (-) | トラックバック

日課

2007年03月15日

一日に一度は鏡の前に伏せをして、じっと自分の姿に見入るかりん
子供の頃から鏡に映る自分を再々見ていたので
そこに映っているのは自分の姿であることはわかっていると思います。

karin_188.jpg

毎朝、母さんが一生懸命に鏡とにらめっこしているから
その真似をしているのかしら?
それとも、いつか母さんたちと同じ姿になることを
密かに夢見ているのかしら?

お願いだから、かりんはそのままでいてね。

投稿者 hako : 07:41 | コメント (-) | トラックバック

モノ言う目

2007年03月14日

部屋の中から飽きもせず外の様子を伺う目。
モノ言いたげに母さんの顔をじぃ~っと見つめる目。
一体、何をどのように感じているのでしょう?

かりんが何を言おうとしているのか
時としてサッパリわからないことがあります。

karin_187.jpg

もしかすると、かりんが言いたいことの半分も
わかってあげられないかもしれませんが
「わかりたい」という気持ちは決して忘れたくないと思います。

かりんと話ができたらなぁ」と思うこともありますが
喋ることができないからこそ
その目を見て、わかろうと努力するのかもしれません。

投稿者 hako : 07:40 | コメント (-) | トラックバック

変な格好

2007年03月13日

いつものように気持ち良さそうに眠っているかりん
何気なくその姿を見て、何だか妙な感じがしてなりません。
一体どうして?

karin_186.jpg

そうっ!かりんの顎の下にある足です。
後足がピ~ンと伸びて顎の下に敷かれているのです。
そ・そんな無理な格好をして寝なくても…思うのですが
それが気持ち良いのだそうです。

ふぅ~ん、身体の硬い母さんには信じられません。

投稿者 hako : 07:29 | コメント (14) | トラックバック

熱燗

2007年03月12日

春はもうそこまで来ているはずなのに
ここのところ気温の低い毎日が続いています。

「寒い日は、やっぱり熱燗よね~」
お気に入りの地酒を徳利に移し温めていると
床に置いた一升瓶の口を一生懸命に舐めるかりんの姿。
日本犬と日本酒が仲良く並んでいます。

karin_185.jpg

飲んでいる母さんにも熱い視線を投げかけ
お猪口をじぃ~っと見つめるその目は、結構真剣だったりします。
どうも、日本酒の匂いには惹かれるらしく
お燗をすると匂いが立ち上り、余計に気になるみたいです。

ふと、千鳥足になった犬ってどんな感じなんだろうと
その姿を想像して、吹き出しそうになった母さんです。

投稿者 hako : 07:34 | コメント (14) | トラックバック

春の使者

2007年03月11日

春が近づくと、あちこちに咲き始めるコバルトブルーの小さな花。
母さんが子供の頃から大好きだった“オオイヌノフグリ”です。

「こんな可愛い花が、どうしてこんな名前なんだろう?」
子供心に、いつも疑問に思っていました。
後で知ったのですが、この花に対してついた名前ではなく
その、実に対して命名されたようです。

flower_01.jpg

道端の草むらには、小さいながらも春を感じさせる草花が
芽吹き始めていたり花を咲かせています。
そんな小さな命を見ていると
母さんの心も子供に戻ったようにワクワクします。

karin_184jpg

かりんも命の息吹を感じているのか
いつも以上にクンクンと探索に余念がありません。
「ちっちゃな命がいっぱいだねっ!母さん」

投稿者 hako : 08:27 | コメント (18) | トラックバック

踊っちゃう

2007年03月10日

頭や身体を撫で撫でしていると
クネクネッとしながらドサッと床に寝転がるかりん
更にお腹を撫でたり頭をコチョコチョすると
脚を突っ張って蹴りを入れながらじゃれようとします。

karin_183.jpg

あまりの気持ち良さからか、顔は笑ったまんまで
前足をピクピクと動かしておりました。

いいねぇ~この感じ!
母さんは思わず合いの手を入れたくなっちゃうよ。

投稿者 hako : 09:15 | コメント (14) | トラックバック

バボちゃん

2007年03月09日

昨年のかりんへのクリスマス・プレゼントだった
ゴムのオモチャの“グッドキューズ”。
何でも名前をつけたがる母さんに“バボちゃん”と命名され
リビングの電話台の棚に置いてあります。

ご飯を食べて一息ついたかりん
棚からゴソゴソとバボちゃんを引きずり出します。
そして、ひとしきり投げて遊んだ後はガジガジ・タイム。

karin_182.jpg

流石、耐久性に優れたオモチャ。
足の部分をかじり取ろうと頑張ってはいるのですが
かりんの執拗なガジガジにもビクともしません。

バボちゃんは、かりんがおばあちゃんになる頃も
まだまだ健在かもしれません。

投稿者 hako : 07:31 | コメント (14) | トラックバック

コロコロ

2007年03月08日

室内で犬や猫と一緒に暮らす場合
絶対欠かせない掃除用品にコロコロがあります。
服やカーペットについた抜け毛を簡単に取るには
これ以上のアイテムはないくらいです。

コロコロ…とやりながら、ふと思ったこと。
これで、直接かりんをコロコロしたらどうなるだろう?
少し粘着力が落ちたところで、頭から背中を往復してみました。

karin_181.jpg

「何するのよ~」と派手に抵抗する姿を想像していたのですが
どうやら適度なマッサージ効果があるようで
気持ち良さそうに、うっとりしているではありませんか。
特に、頭から頸にかけての部分がたまらないみたいです。

抜け毛取り&マッサージ…思わぬ一石二鳥となりました。

投稿者 hako : 07:30 | コメント (16) | トラックバック

別離

2007年03月07日

朝の散歩時に、日本犬MIXの凛々しいワンちゃんを連れた
60台半ばの方によくお会いしていました。
ワンちゃんは6歳になる♂のリュウくん。
母さんはその方を、心の中で“リュウくんおじさん”と呼んでおりました。

散歩をしながら、しばしばリュウくんに話しかけておられ
心から愛しておられるということが母さんにもわかりました。

かりんも、リュウくんとリュウくんおじさんが大好きで
遠くからでもその姿を見つけると
近くに来られるまで梃子でも動きませんでした。
そんなかりんを見て「おぉ、待っとってくれたんか~」と
嬉しそうに目を細められる姿が印象的でした。
かりんかりん!」と言って、よく声を掛けてくださいました。

そんなリュウくんおじさんの姿を見かけなくなって数ヶ月が経ち
ふとしたことで、重い病と闘っておられることを知りました。
そして、入院されたとの話を聞いてお見舞いに行こうと思っていた矢先
思わぬ訃報が入りました…。

昨日、リュウくんおじさんのお通夜に参列しました。
読経の流れる中、おじさんがおられなくなったことを知ってか知らずか
リュウくんの哀しげな鳴き声がずっと聞こえておりました。
心が締め付けられるような…何とも切ない声でした。
その声は、きっとリュウくんおじさんにも届いたことでしょう。
心より、ご冥福をお祈りしたいと思います。

でも…リュウくんと楽しそうに散歩される姿に
また出会えるんじゃないかという気がしてなりません。

投稿者 hako : 07:43 | コメント (20) | トラックバック

回収作業

2007年03月06日

どんな時も散歩を休むことがなかったせいか
用を足すのは外だと思い込んでいるようで
オシッコをさせるため、寝る前の散歩は欠かせませんでした。

でも、1歳を過ぎる頃から
少しずつ家の中でもしてくれるようになってきましたので
夜の散歩をしなくてもすむようになりました。
おまけに、嫌いだったペットシーツでも
ちゃんとできるようになって大助かりです。

しかし、就寝前にオシッコをしてくれれば良いのですが
そのまま眠ってしまうことが多く
必ずと言っていいくらい夜中にオシッコに起きます。

シーツの上でちゃんとできるし、一見何の問題もなさそうですが
かりんには困ったクセがあります。
それは、オシッコした後のシーツをペロペロ舐めて
そのうちガジガジかじって少しだけ食べてしまうのです。
ですから、用を足したことを確認するや否や
素早く回収しなくてはなりません。

karin_180.jpg

カツ・カツ・カツ…シーツの置いてある納戸へ移動する足音。
ドスッとシーツの上に腰を落とした音がして、しばし沈黙。
その後、ピチャピチャと舐める音が聞こえ始めたら
即効で跳び起きて回収!

これが、1時だったり、2時だったり、3時だったり…。
足音だけでよく目が覚めると、自分でも感心します。
でも、それから眠れなくなったりすることもあって
ちょっとばかり辛い母さんです。

お願いだから、寝る前にオシッコして欲しいなぁ。

投稿者 hako : 11:25 | コメント (14) | トラックバック

ヘンなの~

2007年03月05日

自分のご飯が済んで、母さんたちの献立チェックも終わり
とりあえずの用事が済んだかりんは、大抵リビングのソファーの上に移動します。
ソファーの背もたれに前足を掛けるいつものポーズ。

karin_178.jpg

母さんは床に寝転がってかりんを見上げてみました。
     ↓
karin_179.jpg

上から見下ろすかりんは、こ~んな感じ。
「どうして、そんなところでねんねしてるの?ヘンな母さん」
寝転がってシャッターを切る母さんを
不思議そうに怪訝そうに眺めておりました。

投稿者 hako : 07:36 | コメント (20) | トラックバック

避難場所

2007年03月04日

別の場所に置いていた電子ピアノを
先日、母さんの部屋(=かりんの部屋)に移しました。

最初は「お主、何者?」とばかりに嗅ぎ回っていたのですが
ふと見ると、最近は下に入り込んでいることがあります。
何かあった時の避難場所として確保してるのかしら?

karin_177.jpg

母さんが住んでいるところは比較的地震の少ない地域ですが
いざと言う時は隣に入れてねっ。

投稿者 hako : 08:15 | コメント (14) | トラックバック

新しいフード

2007年03月03日

今のフードを食べ続けると太るだろうということで
ドクターの指示の下、低脂肪・高蛋白なフードに変更することになり
注文していた新しいフードが配達されてきました。

好奇心旺盛な母さんとしては
やはり…食べ比べてみなくては気が済みません。

・ 今までのフード(スキンケア・タイプ)
  一般的なドッグフードの匂いが強烈ですが、脂肪分が多いせいかもしれません。
  味も「うぅっ…」となりそうで、いつまで経っても口の中がフードの匂い。

・ 新しいフード(ウェイトケア・タイプ)
  匂いは今までのものに比べて控えめで、味もマイルドです。
  母さんレベルでは今までのものより食べやすく感じました。

karin_175.jpg

まぁ、実際に食べるのはかりんなので
母さんが感想を並べ立てても意味はないかもしれませんが
自身でも感じてみたいと思う気持ちは抑えられません。

さて、当のかりんは…と言うと
フードの半分が新しくなったことに気づいているのかいないのか
いつものようにポリポリ・カリカリとお上品に食べています。
どうやら問題なさそうです。

karin_176.jpg

具合が悪くて病院へ連れて来られる犬・猫の多くが
「食事が原因だと思われる病気」との話を
以前よりドクターから頻繁に聞いておりました。
ですから、「食事に気をつければ病気に罹る率はグッと減る」とも
常々言っておられます。

物言わぬ臓器である肝臓などが悲鳴を上げないうちに
気をつけておきたいと思います。
かりんの食べ物に関しては、とても厳しくクールな母さんです。

投稿者 hako : 08:10 | コメント (16) | トラックバック

平和な日々

2007年03月02日

風はまだ冷たいものの、まるで春のようなお天気でした。
お日様が降り注ぎ、澄み切った青空が広がり
何だか心がウキウキするようです。

太陽の光をいっぱいに浴びた布団や毛布は
それはそれは魅力的な匂いを放ち、フカフカになりました。

karin_173.jpg

その心地良さを真っ先に味わったのは、かりんです。
いつものようにヒョイとベッドに飛び乗り
バフバフ感を楽しみつつ、毛布をクンクンしてお日様の匂いを満喫!
犬もお日様の匂いが好きなのかしら?

karin_174.jpg

その後は、眠りに入る前の“お手手はみはみ”が始まりました。
ふわぁぁ~、今日もかりんの周囲はごくごく平和なようです。

投稿者 hako : 07:37 | コメント (20) | トラックバック

気がかり

2007年03月01日

朝夕の散歩の時に時々出会う、ちょっとした知り合いがいます。
連れておられるワンちゃんは“Sちゃん”という名前で
かりんより1ヵ月若い黒柴の女の子です。

とても人懐こくて愛らしいワンちゃんで
私達の姿を見ると喜んで突進してきて、無邪気にペロペロしてくれます。
朝はお父さん、夕方は息子さんが散歩させておられ
家族で可愛がっておられる様子が手に取るようにわかりました。

ある日、久し振りに息子さんとバッタリ出会いましたが
彼が連れていたのは“Sちゃん”ではなく、初めて見る柴系MIXの仔犬でした。
「新しいワンちゃん?」と聞くと、「そうです」という言葉が返ってきました。
何となく「Sちゃんは元気?」と聞きそびれてしまいました。

karin_172.jpg

その数日後、Sちゃんを連れたお父さんに出会いました。
かりんが太ったせいもあるのでしょうが
久し振りに見たSちゃんは少し痩せて毛艶が悪くなっておりました。

先日見かけた新しい仔犬の話をしたら
「コレが可愛くてねぇ~」と、目を細めておっしゃっていました。
そして、笑いながら発せられた「(Sちゃんを)いらない?」という言葉に
母さんはドキッ☆としてしまいました。

勿論、冗談だとは思いましたが
何となく心の隅に引っかかって仕方ありません。
どうか…母さんの想像が、的外れの取り越し苦労でありますように。

投稿者 hako : 07:37 | コメント (14) | トラックバック