« 子守唄 | メイン | みんな »

元気いっぱい

2007年04月22日

この3日間、私は実家へ帰っておりました。
お正月に帰ることができなかったため、約半年ぶりの帰省です。

父は花を育てるのが大好きで
家の庭は季節ごとに様々な花に彩られています。
今の時期は、牡丹が見事な大輪の花を咲かせていました。

flower_04.jpg

そして、クマとも半年ぶりの再会です。
昨年の11月に調子が悪くなり大変心配しましたが
その時のことが嘘のように、元気な姿を見せてくれました。

kuma_03.jpg

目は薄く、耳も悪くなっているので反応は少々鈍いですが
久し振りの私を、「あれ?よく知ってる人だぞ!」とでも言うように
尻尾を振りながら一生懸命クンクンしていました。

高齢犬は寒さが堪えるため冬の間は心配でしたが
これからの季節、その心配からは解放されそうです。

投稿者 hako : 2007年04月22日 14:22

コメント

hakoさん、おかえりなさい・・
ご実家での三日間 のんびり ゆったりのひと時だった事でしょうね。
丹精込めて育てられた大輪の牡丹の花が 見事ですね!素晴らしいですね。
元気になったクマ(玖磨)さんにも会えて良かったですね(*^^*)

投稿者 れん君まま : 2007年04月22日 16:38

れん君ままさん へ
かえりました~!
留守中もコメントをいただき、ありがとうございました。
犬も歳を重ねると共に子供に返っていくようです。
クンクンと鼻を鳴らして甘える姿は仔犬みたいで
愛しくってたまりません。

投稿者 hako : 2007年04月22日 16:53

クマくんの前の日記を見ました!わんことの出会いはほんとに様々ですね。でも、出会いの全てが運命的ですよね☆
ちょっと、タイミングがズレテたら、hakoさんとかりんちゃんも出会えてなかったですもんね。
今回、かりんちゃんはお留守番ですか?

投稿者 はなはな : 2007年04月22日 19:38

はなはなさん へ
出会いとは本当に不思議なものです。
私の両親は犬好きという訳ではないのですが
気がつけば25年近く犬との生活を続けています。
このクマが、たぶん最後の犬となることでしょう。
さて、かりんは留守番でしたよ~。
置いていく私の方が寂しかったです。(笑)

投稿者 hako : 2007年04月22日 20:18

これからの季節、クマくんにとってゆったりのんびりできる季節になりますね。とても、穏やかな顔つきですが、年を重ねたという表情が見てとれますね。
前回の記事を拝見しましたけど、信頼できる人と一緒に生活することで全く変わるものなんですね。
まだまだ、長生きして欲しい物です。
牡丹の花も立派です♪

投稿者 ほそみち : 2007年04月22日 20:43

hakoさん、お帰りなさい!
かりんちゃん、大喜びだったでしょうね。
そしてご実家のクマ君も暖かくなって
調子も良さそうですね。
いつかは老犬になるのは当たり前ですが
これからも、hakoさんがご実家に行く時は
こうして迎えて欲しいですね。

投稿者 エメラルド : 2007年04月22日 23:45

クマちゃん元気そうで安心しました。老犬には老犬の魅力がありますよね。味があるっていうか。hakoさんお帰りの際にはかりんちゃんがどんなに喜んだ事でしょう。それが楽しみで家路を走るんですよね~。あの喜びようは人間の子供以上ですから。

投稿者 momomama : 2007年04月23日 08:20

ほそみちさん へ
家に来た頃はとても精悍な顔立ちをしていましたが
今ではすっかり優しい顔のおじいちゃんになりました。(笑)
両親はベタベタと可愛がることはしませんが
それでもやはり、両親のことが大好きみたいです。
この穏やかな顔を見ていると
こちらまで穏やかな気持ちになることができます。

投稿者 hako : 2007年04月23日 09:16

エメラルドさん へ
かえりました!
留守中もコメントをありがとうございました。
かりんを置いて行く時は
こちらの方が寂しくってたまりません。(苦笑)
お陰様で、クマは食欲旺盛で散歩にも行きたがります。
穏やかな顔つきは、気のイイおじいちゃんのようです。
クマに会えるのも帰省の時の楽しみなので
元気で長生きして欲しいと切に願っています。

投稿者 hako : 2007年04月23日 09:21

momomamaさん へ
この冬は寒さが厳しくなかったせいもあり
何とか乗り切ってくれて本当にホッとしています。
私がたまに帰ってクマをうんと可愛がっても
やっぱり両親が大好きなようで、いつも目で追っています。
穏やかで、のほほんとした顔を見ていると
とても愛しい気持ちでいっぱいになります。
さて、かりんは期待を裏切らない歓迎ぶりで
幸せを感じるひとときでもありました。

投稿者 hako : 2007年04月23日 09:28

hakoさんお帰りなさ~い!
かりんちゃんはお留守番だったのね。
さぞや嬉しかったのとほっとしたので、気分もゆるり~っとなったことでしょう。
クマちゃんにも会えて、しかも元気な様子を見てよかったですね。
ご両親の様子もさることながら離れて暮らしていると何でもない日常がずっと続くことを願いますよね。

投稿者 miiba-ba : 2007年04月23日 21:58

クマちゃん、穏やかな顔してますね~。
ということは、今が幸せだという事ですね~。
ノラだった時は険しい顔つきだったとの事ですが、この顔見ると、そう思います。

投稿者 pentallica : 2007年04月23日 23:25

miiba-baさん
かえりました~!
そうです、かりんは留守番でした。
父が、室内に犬がいるということに抵抗があるので
なかなか連れて帰ることは難しいのです。(苦笑)
でも、そのうち連れて帰っちゃいますけど。
クマも元気そうで、私も安心しました。
持病や介護…両親も抱えているものが多く
こうして離れているのは本当に心苦しい毎日です。

投稿者 hako : 2007年04月24日 09:47

pentallicaさん
野良は野良なりに大変なことも多いので
必然的に険しい顔つきになってしまうのかもしれません。
今は歳を取ったということも相まって
本当に穏やかな顔になりました。
見ていると、こちらまでほんわかした気分になります。

投稿者 hako : 2007年04月24日 09:50