« 初めて尽くし | メイン | 牛さん ― 外伝 ― »

ハッピー・スクール

2007年05月28日

奇数月に1回、ドッグカフェを貸切にして“ハッピー・スクール”が開催されます。
これは、かりんの掛かりつけのドクターが、病気についての講義をされるのです。

今回のテーマは「嘔吐」でした。
その様々な原因についての話を聞いたり
嘔吐がみられた時の応急処置を教えていただきました。
更には、最近手掛けられた症例の話もあり、みなさん熱心に耳を傾けておられました。

このスクールには、ワンちゃん同伴で参加される方がほとんどで
1時間余りの講義中もみんな大人しくしています。
かりん同伴で参加するのは7回目ですが
仔犬の頃はじっとしているのに飽きて、途中で鳴いたりしていました。
しかし、最近は慣れてきたようで、今回はかなりイイ子にしていました。

karin_302.jpg

このスクールの魅力は、講義で病気の話を詳しく聞けることも勿論ですが
その後のフリータイムで、気軽にいろいろと相談できることです。
普段の生活の中で気になるちょっとしたことなどを
みなさんが相談したり聞いたりしておられます。

ワンちゃんの健康管理をするのは飼い主の責任ですから
こちらも勉強して正しい知識を身につけなくてはいけないと
このスクールに参加する度に強く思います。

投稿者 hako : 2007年05月28日 06:53

コメント

かりんちゃん昨日は本当に「いい子」でした。段々とお姉さんになっていくんですね~☆ちゃんとhakoさんの側で座っていましたよね。時折、私をぺろぺろしてくれるのが可愛いかったです。昨日も大変勉強になりましたよねー。あのセミナーは欠席出来ないですよね~。後のフリータイムでは色んなお話しが出来て、、有意義な時間でした。(段々先生が怖くなくなってきました)

投稿者 momomama : 2007年05月28日 07:10

凄いいい企画ですね。
かかりつけのドクターの考えではじめられたのでしょうか?
皆さん,色々と悩みがありますものね。この機会にいろいろ
相談も出来ていいですね。かりんちゃんも、ちゃんと聞いてきたのね。

投稿者 エメラルド : 2007年05月28日 08:47

かりんちゃんの獣医さん、そんなスクールを開いてくださるなんて
とってもステキな方なのですね♪
そして、いつもかりんちゃんのために、お勉強されているhakoさんも
ステキな「母さん」ですね☆
かりんちゃんも、大人しく待ってられるようになって、とっても偉いです!!

投稿者 めり姉 : 2007年05月28日 10:56

ワンちゃんの為の勉強会イイですね~
かりんちゃんどんどん人間社会の中に溶け込んで
待つ事がちゃんと出来るおりこうワンちゃんで
ママさんも嬉しいでしょ~♪

投稿者 みな象 : 2007年05月28日 15:07

本当に、その講義受けたいぐらいです。
初めは、飼い主さん達も解らない事だらけだし
間違った情報も、時々あるし...
本の知識だけでは、対応できないとき
ありますものね!!
それに、ワンちゃん同伴とゆうのも
良いですね!!(近くの病院で、企画してくれないかしら〜)
とても良い先生、病院だとおもいます。
小さい頃は、何があっても病院に直行で、
笑われてたかもしれない万母です。。。

投稿者 万母 : 2007年05月28日 17:03

はじめまして。
かりんちゃんのあまりのかわいさにすっかり夢中です。
私は犬を飼ったことないのですが、犬が大好きです。
以前、お隣さんに、かりんちゃんと同じ、柴犬と秋田のMIXの女の子がいました。その子がかわいくて♪♪我が家の犬のようにかわいがっておりました。
犬を飼うなら柴と秋田のMIXが欲しい!と常々思っておりましたので、当分はかりんちゃんをかわいがらせて頂きたいと思います。

投稿者 panko : 2007年05月28日 17:45

momomamaさん へ
昨日はお疲れさまでした~。
犬連れでないmomomamaさんにビックリ☆でしたが…。(笑)
正直言って、かりんを連れて行くと気になってしまい
講義に集中できないというデメリットがあるのですが
昨日は大人しくしてくれていたので助かりました。
だんだん、慣れてきたのかもしれませんねぇ。
このようなスクールに参加できる私たちは
本当に恵まれているとつくづく感じます。
もっと沢山の人にも聞いて欲しいですよね~。

投稿者 hako : 2007年05月28日 18:10

エメラルドさん へ
このスクールを始められた具体的な経緯はわかりませんが
きっと…ドクターの熱い想いからでしょう。
巷には、間違った情報が広まっていたり
逆に、必要な情報が流されていなかったりすることもあり
「へぇ~そうなんだ」と冷や汗をかくことも。(苦笑)
それに、色々と相談できるのが何よりですね~。

投稿者 hako : 2007年05月28日 18:24

めり姉さん へ
ドクターは犬や猫の健康管理に関しては厳しいですが
それもこれも、小さな命を思ってこそだと思います。
実際の様々な症例や原因を具体的に教えてもらえるので
凄く現実味を帯びて伝わってきます。
他人事ではない部分も多々あるので
驚いたり焦ったり…そんな感じで聞いています。
かりんもこの場に慣れてきたのか
殆どの時間、仮眠の体勢で過ごしていましたよ~。

投稿者 hako : 2007年05月28日 18:36

((φ(・ω´・ *)ホォホォ…

ドッグランで教室かぁ~

我が家の近くにも
ドッグランがあるんですけど
開催したりしてるのかな??

でもいろ②な話が聞ける機会って
絶対、ワンチャンにも飼い主サンにもいいですよね!!

投稿者 ゆき。 : 2007年05月28日 18:38

みな象さん へ
これは、なかなか貴重な機会だと思います。
私たちだけ聞いているのは勿体無いと思うくらいです。
かりんは、途中で「帰ろう」と言い始めるので
なだめるのが大変だったりしたのですが
今回は何故か大人しくしていてくれました。
この調子で次回もお願いしたいのですが…。(笑)

投稿者 hako : 2007年05月28日 18:39

万母さん へ
意外と間違った知識を持っていたり(そう言う私も)
必要な知識なのに知らなかったりしますものね。
本では通り一遍のことしか書いてなかったりするので
より具体的なことが聞けていいですよ。
犬を連れて行くことで、気になるところを見てもらえるし
また、犬をこういう場の雰囲気にも慣らすことができて
一石二鳥って感じです~。
婦長さんは躾に関してのノウハウを持っておられるので
その方面でのアドバイスをもらうこともできて
本当にありがたい企画なのです。

投稿者 hako : 2007年05月28日 18:50

pankoさん へ
はじめまして!ようこそ、いらっしゃいました。
“かりん工房”を見つけていただいて嬉しいです~。
pankoさんのお隣にいたワンちゃんは
とっても可愛いかったのでしょうねっ。
うちは「柴犬×秋田犬、かもしれない」ということなので
真実は定かではありませんが…。(苦笑)
pankoさんも、いつかワンちゃんと暮らせるといいですねっ。
それまでは、どうか可愛がってやってくださいね。

投稿者 hako : 2007年05月28日 19:03

ゆき。さん へ
あっ…ドッグランではなくて、ドッグカフェです~。(笑)
私の周辺では、こういう企画をやっているという話は
あまり耳にすることがありません。
あったとしても定期的ではないかもしれません。
でも、飼い主さんは正しい情報を求めておられると思うし
非常に有意義なことだと思います。
後は、獣医さんのスタンス次第でしょうか?

投稿者 hako : 2007年05月28日 19:12

そんなお勉強してきたんですか!
私もたまにはそんなお勉強会に参加してみたいです。
注射の時くらいしか病院へ行くことないですもんね。
でも、ちょっと先生に聞いてみたいことなんか
しょっちゅうあります。
そんな教室を開いてくれるなんていい先生ですね。

投稿者 もこぴー : 2007年05月28日 19:30

とっても いい企画があっていいですね。
かかりつけのドクターというのが何よりもいいですよね。
なんでも気兼ねなく話せて聞いてもらえてアドバイスを
受けられて。。そういうのに是非ぜひ 参加してみたいです。

投稿者 れん君まま : 2007年05月28日 20:45

そのドッグカフェさんは飼い主さんとワンちゃんのホントによく考えていらっしゃるのですね。
ワンちゃんを飼うというより生き物を飼うという以上、様々なことをしっかり勉強して対処できるようにしなきゃならないのはやはり人間の義務ですよね。
僕も勉強しなくてはと、思ってしまいました。

投稿者 ほそみち : 2007年05月28日 22:08

もこぴーさん へ
素人にもわかるように説明してもらえるので
全然退屈じゃなくて、眠くならない勉強会です。
病気の時だけお世話になる病院ではなくて
普段の生活からアドバイスするというスタンスなので
みなさん、いろいろ聞きまくっておられますよ~。
ドクターも聞かれるのは嫌いじゃないから…。(笑)

投稿者 hako : 2007年05月28日 22:11

れん君ままさん へ
ありがたいことに、掛かりつけのドクターが
こういった企画をしてくださるので
私たち患者(?)としてはとても嬉しいことです。
勿論、他院へ掛かっている方でも参加できるので
時々来られることもありますよ~。
みなさん、いろいろと聞いてみたいことが
沢山あるようですねっ。

投稿者 hako : 2007年05月28日 22:21

ほそみちさん へ
人間に飼われている犬や猫は
自分で健康管理をすることができませんから
こちらが気をつけてあげなければいけませんよね。
動物の命は、その飼い主の手に委ねられていると言っても
決して過言ではないと思います。
だからこそ、知る努力をする必要があると思います。
だって…元気で長生きして欲しいですから。

投稿者 hako : 2007年05月28日 22:27

犬の健康管理って大変ですよね。
ラッキーは高齢なので、すごく気を使います・・・
喉が弱く、嘔吐することもありますが、幼い時に首輪を強く引っ張ったからかなとちょっと後悔してます。
柴犬系は長生きするそうですが、同時にボケや物忘れするそうです。気をつけなきゃ~。
hakoさんなら、かりんちゃんの健康も安心ですね(^^)v

投稿者 pentallica : 2007年05月28日 23:44

かりんちゃん、良い子で待ってられて、エライね~。
獣医さんによる講習会、良い企画ですね。
あずがウチにやって来てからの11か月間、
あずの健康で悩まなかった日は、1日もありません。
でもそれだけの責任と覚悟で、家族として迎えた訳ですから、
当然ですよね。

あずのかかりつけの獣医さんは、月曜朝から日曜晩まで、
日夜無休で、動物たちを診てらして、講習会なるものは
ありません。
それはそれでスゴイことで、心から感謝してますが。

投稿者 あずき : 2007年05月29日 00:30

pentallicaさん へ
何が大変かって…言葉を喋れないので
どこがどうなのか、わからないところかもしれません。
その分、こちらが気をつけて見ていなければ
見落としてしまうことも多いと思います。
おっしゃるように、柴犬系には痴呆の症状が出ることが
どうやら多いようですねぇ。(苦笑)
ボケてしまって私のことがわからなくなったとしても
最期まで一緒にいたいと心から思います。
ラッキーちゃんも、元気で長生きしてねっ!

投稿者 hako : 2007年05月29日 06:54

あずままさん へ
あずままさんのように、愛情と責任を持って
ワンちゃんと暮らしている方がおられる一方で
病気持ちだからと言って飼育放棄される方もおられます。
そんな話を聞くと…情けなくて哀しくなってしまいます。
うちのドクターは日・祝は休診されますが
急患に関してはその限りではないので
休診日とは言え、電話が掛かったり来診もあるようです。
本当に、大変なお仕事だとつくづく思います。
でも、そんな信頼できるドクターがおられるからこそ
私たちは安心して暮らすことができます。
あずちゃんの先生もお忙しい方なのですね~。
きっと、ご自分のことよりも何よりも
動物たちのことを一番に考えておられるのでしょうね。

投稿者 hako : 2007年05月29日 07:03