« ベストポジション | メイン | アシカ »

クマじいちゃん

2007年06月29日

実家のクマのフィラリア検査をしに病院へ連れて行くため
昨日・一昨日と帰省しておりました。
昨年は秋に調子が悪くなりフィラリア予防薬を途中で止めてしまったので
若干の不安がありましたが、検査の結果は陰性でした。

kuma_04.jpg

しかし、病院のロビーでゼーゼーヒーヒーと喉を鳴らす様子を見て
「この咳はいつからですか?」と看護士さんに聞かれ
恥ずかしながら、母さんはこれが咳だと初めて知ったのでした。

血液検査の結果、肝臓・腎臓の値は問題なく
心臓の機能が低下しての咳だろうということでした。
散歩も咳が酷い時は控えるようにし、薬を続けた方が良いと言われました。

kuma_05.jpg

今年、推定で14歳の老犬ですから身体の機能が衰えていくのは
無理もないことなのでしょう。
昔よりも甘えん坊になったクマの身体を撫でながら
寂しい気持ちに心の中を占領されてしまいました。

でも、元気いっぱいに振る舞っているクマの姿を見ていたら
湿った気持ちでいることが恥ずかしくなってきました。
ずっと側にいることはできないけれど、いつもクマのことを思っているから
もっともっと長生きしようね!

投稿者 hako : 2007年06月29日 07:20

コメント

とっても穏やかな表情。。そして身体中から溢れ出る
やさしさ・・。14歳という歳月の積み重ねが、きっと
それを醸し出しているのでしょうね・・。
クマじいちゃんも若い頃には意気揚々とカッコいい
男っぷりだったのでしょうね。クマじいちゃんにとって
hakoさんは子供の頃のhakoさんのままに目に映って
いるのかなぁ?元気だよ!と、そういわんばかりの
その笑顔に、なんとなく心細さも感じるけど、でも
それ以上に、いろんなことを教えられるような。。。
元気で長生きしてくださいね、クマじいちゃん(*^_^*)

投稿者 れんママ : 2007年06月29日 08:04

クマちゃん一時はどうなるかと思っていたので、元気そうで何よりでした。そうなんですよね・・犬の「咳」って私もゴンタの事で初めて知りました。ゴンタもやはり「高齢化の心臓病の咳です」今・・保護している柴のふくちゃんは元飼い主が「フィラリアなんか一度もしていない」と笑っていいました。私は怒りでまた「説教」が始まりました。先生に診てもらったらやはり陰性で心臓に虫が10匹位いました。(可哀想に)このことをきちんと理解して下さる里親さんを探します(ちゃんと毎年予防薬飲めば大丈夫だそうですが、後で咳の後遺症は残るかもしれないそうです)クマちゃんはみんなに大切にされて幸せそうな顔です。hakoさんご苦労様でした。

投稿者 momomama : 2007年06月29日 08:24

hakoさん・・コメント間違えました~(汗)フィラリアは「陰性」では無く「陽性」の間違いでした。可哀想に、、ふくを連れてきた元飼い主は、後ろ髪をひかれる感じでもなく、、せいせいしたようにみえました。あのままフィラリアの予防もせずあの家にいたら?と思うとぞっとします。先日の保健所の持ち込みも帰り際に事実を知ったのですが、もっと早く気ついていれば?なんとかならなかったものなのか?後悔だけが残りました。

投稿者 momomama : 2007年06月29日 08:30

クマちゃん、14歳なんですね。
年をとるって色々大変だけど、こうして
可愛い笑顔を見ると、とにかく
長生きしてねって祈るだけですね。
外飼いだと、フィラリアはして置いた方が
安心ですね。

投稿者 エメラルド : 2007年06月29日 08:34

クマちゃん、かわいい〜☆
2枚目の写真、ちっちゃい下の歯が出てて、まさに『イシシシっ』ってお顔ですね〜。
わんちゃんの下の歯って、ちっちゃくて、ちょこちょこって並んでてかわいいんですよねっ。大好きです☆
hakoさんが来てくれて、うれしかったのかな?
「ゼーゼーヒーヒー」って、咳なんですか?!私も知りませんでした…

投稿者 めり姉 : 2007年06月29日 15:30

れんママさん へ
今はすっかり好々爺みたいになってしまったクマも
若い頃は精悍でカッコよかったですよ~。
野良犬時代は、のほほんとしている訳にもいかず
いつも気を張っていたのでしょう。
うちで飼うようになってからは
だんだんと穏やかな顔つきになってきました。
クマがうちに来た時、私はそれ相応の大人だったので
「老けたなぁ~」くらいに思っているのかも?(笑)
ちょっとヨボヨボになってしまっていますが
今のクマも愛しくてたまりません。

投稿者 hako : 2007年06月29日 18:00

momomamaさん へ
ご心配いただいて、本当にありがとうございます。
咳と言えば人間がするようなものを想像していたのですが
・のどに引っかかったものを吐き出そうとするもの
・のどを鳴らして呼吸しているように見えるもの
・嘔吐しているように見えるもの…など
様々なものがあるのだということを知りました。
因みに、クマは2番目のような咳が出ます。
引っ張りグセが酷いための、ゼーゼーかと思っていました。(汗)
父は持病があり、母は祖母の介護をしているため
どうしてもクマのことは後回しになっているのが現実です。
私がもっと頻繁に帰ることができれば良いのですが。(苦笑)

さて、今回もまた辛く悔しい想いをされたのですね。
この想いを愛護へのエネルギーに変えていくことが
助けられなかった命への救いになると思います。
どうか、ご自分を責めないでくださいねっ。

投稿者 hako : 2007年06月29日 18:30

エメラルドさん へ
気がつくとこんな歳になっていました。(苦笑)
歳を重ねると共に、身体のあちこちに不具合が出てきても
不思議ではありません。
こうしてそれを目の当たりにすると
何だかとっても寂しい気持ちになってしまいますが
クヨクヨと考えていても仕方ありませんよね。
なるべく快適に過ごせるように考えてあげなくては!

投稿者 hako : 2007年06月29日 18:35

めり姉さん へ
すっかりおじいさんになってしまいましたが
めりちゃんに比べたら、まだまだ“ひよっこ”ですよねっ。
歳を重ねる毎に、こんな優しい顔になってきました。
昔は凛としていてカッコよかったのですよ~。(笑)
さて、犬の咳には
・のどに引っかかったものを吐き出そうとするもの
・のどを鳴らして呼吸しているように見えるもの
・嘔吐しているように見えるものなど
いろいろとあるようです。
人間のような咳しか頭になかったので、意外でした。(苦笑)

投稿者 hako : 2007年06月29日 18:39

犬の咳って「ごほん!」じゃないんですか?
知りませんでした。
それにしてもうれしそうな笑顔!
「hakoねえちゃんだ!」って思ってるのかなあ^^

投稿者 もこぴー : 2007年06月29日 20:37

良い顔 ...してる♡クマさん(^^)
やっぱり愛されてるんだな〜!!
1枚めの写真も、ウシシ..の顔も..笑ってるよー!!
hakoさんが、来てたからかな〜??
良い感じに年をとれた見本として??クマさん。。万さんが
見習いたいそうです(笑)..てゆうか、私が見習いたいぐらい
いい感じのクマさん。。又の登場待ってます。。
お咳が辛くないと良いけど..お大事に♥

ウシシじゃなくて...イシシ...でした....!!残念!!万母

投稿者 万母 : 2007年06月29日 20:43

もこぴーさん へ
そうなのです…「ごほん!」だけじゃないみたいです。
私も人間の咳と似た音を想像していたのですが
喉を鳴らして呼吸しているようなものなど(クマは正にそれ)
いろいろとあるようです。
まだまだ知らないことだらけですわぁ~。(苦笑)
「hakoねえちゃんだ!」と思ってくれていれば良いけど
「hakoねえちゃんもおばちゃんになったなぁ」
なんてことを思っていたりして~。(笑)

投稿者 hako : 2007年06月29日 21:04

万母さん へ
野良犬として徘徊していたところを保護し
先住犬と一緒に実家で飼い始めたクマですが
その頃は、とても精悍な顔つきをしていました。
しかし、飼い始めてからは
みるみるうちに穏やかな顔つきになりました。
安住の地として認めてくれたのだと、そう思っています。
この穏やかな顔を見ていると本当に幸せな気持ちになれます。
万さんもきっと…とってもイイお顔になりますよ~。
あっ!勿論、今だってステキなお顔ですけど。(笑)

投稿者 hako : 2007年06月29日 21:16

クマちゃんを見ていると先代ランを思い出します。。。
どうしても若くてカワイイ犬に目がいってしまいがちですが、
うちのランが最後の頃にご近所の愛犬家のおばさまが
『ランちゃん今日も頑張ってね~もぅすぐ涼しくなるよ』
と色々と通る度に話しかけて通ってくださった事は
決して忘れません。。。クマちゃんもかりんママさんが
遊びに来てくれる事をきっと楽しみにしている事と思いますよ

投稿者 みな象 : 2007年06月29日 21:18

みな象さん へ
仔犬は無条件に可愛いし、若犬もハツラツとしています。
でも、長い時間を一緒に過ごしてきた老犬には
何とも言えない味わいがあって
小さい時とは違った可愛さがありますよね。
そして、その姿に教わることも少なくありません。
先代のランちゃんも、うんと可愛がられていたのでしょうね。
私もクマの顔を見に声を掛けに、できるだけ帰りたいと思います。

投稿者 hako : 2007年06月29日 21:41

クマじいちゃん、優しい笑顔ですね。♡
人間で言えば、72歳。
様々な経験が刻み込まれてる、ほんとうに良い顔をしてますね。
どうか無理をせず、ずっと元気でいてください。

投稿者 あずき : 2007年06月30日 00:24

クマサンってワンチャンが実家に居るんですね^^

14歳凄く長く生きてますね~
我が家の実家の黒柴より先輩だー

お互いまだ②元気ですね^^

投稿者 ゆき。 : 2007年06月30日 02:56

あずままさん へ
見ているだけで幸せな気分になれるような
そんな優しい穏やかな顔をしています。
野良犬時代があったので、いろいろと苦労もしたのでしょう。
見慣れないモノは絶対に口にしないなど
彼なりの拘りや決まりごとがあるようです。
今は、安心してのんびりと過ごしてくれているようです。
この笑顔をもっと見ていられるよう、心から願っています。

投稿者 hako : 2007年06月30日 09:18

ゆき。さん へ
クマは野良犬として徘徊していた時に保護し
先住犬と一緒に飼い始めました。
実家の犬としては3代目なのですが
初代は14歳、先代は17歳まで生きましたので
みんな長生きしてくれています。
クマも、かなりの年齢になっていますが
どうか長生きして欲しいです。

投稿者 hako : 2007年06月30日 09:27

クマちゃんもゼイゼイ言うことがあるのですね。
ウチのも、良くハーハー・ゼイゼイ言います。
心臓の鼓動は病院で見てもらって大丈夫でした。
多分ウチのは、気管支が弱いと思います。
薬ももらってます。
気をつけねば・・・

投稿者 pentallica : 2007年06月30日 10:54

pentallicaさん へ
引っ張りグセが酷いために気管が変形し
そのためのゼーゼーかと思っていたのですが
心臓の鼓動からすると、やはり心臓のようです。
ラッキーちゃんもお薬をもらっているのですね?
これくらいの年齢になると、多かれ少なかれ
いろいろなトラブルも出てきますよね。(苦笑)
お互いに気をつけましょう。

投稿者 hako : 2007年06月30日 12:13

クマじいちゃん、いい顔してますね♪
年を重ねた優しさがにじみでてます。
これからも元気でいてもらわないとですよねぇ。

投稿者 ほそみち : 2007年06月30日 22:27

ほそみちさん へ
歳を重ねてから、こんなイイ顔になれるよう
私もステキに歳を重ねたいとつくづく思いました。
クマの顔を見ていると教えられることが沢山あります。
もっと教えてもらうためにも、長生きしてもらわなくちゃ。

投稿者 hako : 2007年07月01日 10:26

ご実家に帰られる度にこの笑顔で迎えられたら堪りませんでしょうね~
健太郎と同じ歳と思えないしっかりとした足腰!
クマじぃちゃんのとてもステキな笑顔をこれからも見たいです~

投稿者 健母 : 2007年07月02日 03:15