« 腕組み | メイン | 一難去って… »

発熱

2007年07月18日

食器にフードを入れるカラカラカラ~という音がすると
いつもは食事台の所へ走って行き、待っているかりんですが
一昨日の朝あたりから、足取りが重たくなっていました。
朝のご飯は何とか平らげたものの、晩ご飯は見向きもしません。

お腹の辺りを触ると、何となくいつもより温かいようです。
夜はいつも同じ部屋で眠っているのですが
この日は自分の部屋のケージに入り込んで眠ってしまいました。

翌日の朝ごはんも全く口をつけようとしなかったので
母さんの仕事が終わってから病院へ連れて行くことにしました。

症状を話してから熱を測ってもらったら40.1度…かなりの熱です。
血液検査の結果、肝臓・胆嚢が原因だろうということで
超音波検査をしていただきました。
画像では胆嚢の近辺が白っぽく映っており
そこが炎症を起こしていることによる発熱とのことでした。

いずれにしてもウィルスが原因で、急性のものだそうです。
抗生物質と栄養剤の注射をしてもらい、解熱のための座薬を入れられました。
熱が下がって食欲が出て来るそうなので、後は抗生物質と肝臓保護剤を飲ませます。

karin_360.jpg

かりんはコレステロールが多い体質ということもあり
このような症状が再度起きる可能性が高いそうです。
ですから、日頃から体温に気をつけておくことを勧められました。
股の内側を手の甲で触れてみて、「熱い」と感じたら
熱があると思って間違いないと教えていただきました。

いつもは診察台から下りようと大騒ぎするかりんですが
この時ばかりはそんな元気もなかったようで
可哀想なくらいシュン…としておりました。

かりんが元気がないと母さんも元気が出ません。
早く、いつものように明るく元気なかりんに戻って欲しいものです。

投稿者 hako : 2007年07月18日 06:28

コメント

そんなに熱があったの?!かわいそうに!
私たちも熱があるとしんどいもんね。
でも早く気づいてよかったね。私だったら静かでええわーとか思ってほったらかしてるかもしれない^^;
毎日、股に手をあててみることにしようかしら?
かりんちゃん、早くよくなってね。
今朝はごはん食べたのかなー?

投稿者 もこぴー : 2007年07月18日 07:34

自分のゲージで寝たいくらい辛かったのね。。。
でもママさんの処置が早くて良かったです。。。
私だったら気が付いてあげられるかどうか心配。。。
わかったわ~内股の体温ね。気を付けます。
どうか早く元気になれますように。。。お大事に。。。

投稿者 みな象 : 2007年07月18日 08:51

かりんさん。きついですね...その熱では,食欲もでないでしょう。
でも、hakoさんの早い対応で..治療もしてもらい...少しは
良くなったかな?
私は、何時も気ずくのが遅くて..気づいた途端に大騒ぎ(ーー;;
hakoさんは、よくかりんさんを見てるんですね〜(^^)
早く、治ってね♡かりんさん

投稿者 万母 : 2007年07月18日 08:58

かりんちゃん、病気にかかっていたんですね~。
お熱があって辛かったでしょう。
早くに連れて行ったのが良かったですね。
熱ってなかなか分からないですね。
我が家も熱があるのをゲリで分かったようなものです。
それからは一応犬用体温計を買っておきました。
かりんちゃん、早く元気になってね。

投稿者 エメラルド : 2007年07月18日 10:30

hakoさんが落ち込むと、
治りがおそくなるかもしれないから
明るく、明るくね~
元気だしていこうね~
かりんちゃん、早く元気になってね。

投稿者 かりん母 : 2007年07月18日 12:50

かりんちゃん辛かったですね。。。
私まで胸がきゅってなってしまうのだから、hakoさんの心配は計り知れないと思います。でも、早くお医者様に診察してもらったし、いいお医者様とお薬があるので、きっと早く直りますよ!!早く元気になることを心からお祈りしています。

投稿者 panko : 2007年07月18日 14:39

こんにちは。

hakoさん大変でしたね。
かりんちゃん 病院頑張ったね。
早くよくなって hakoさんもかりんちゃんも
笑顔のお話を聞きたいなっ♪

hakoさんの迅速な行動によって、お薬も投与されて
かりんちゃんも随分楽になったことでしょうね。
言葉を話せないこの子達の事、本当によく見てあげないといけませんよね。
股の内側を甲で触れてみてですねっ!ありがとうございますぅ♪ 
麦もまだ1歳になっていないので、極力体調の変化には注意してますがこの方法でもみていきますねっ。

かりんちゃんが早く元気になりますようにっ☆
そして、hakoさんの笑顔が戻りますようにっ☆

投稿者 麦ママ : 2007年07月18日 14:56

症状が再度起きる可能性が高いというのは、大変ですね、
これからもhakoさん、気をつけてあげて下さい。

うちの旦那が言っていたのですが、コレステロールが多い体質というのは、新陳代謝が悪いからだ、そうなんです。
犬の新陳代謝をよくするのは、やはりマッサージなんだって!

投稿者 柴天 : 2007年07月18日 19:51

もこぴーさん へ
「何となく温かい」くらいにしか思っていなかったので
こんなにも熱が高くてビックリしました。
通りで、ご飯も欲しくない訳です。(苦笑)
いつもはちょこまか動いているのに
ダルそうにじぃ~っとしているのを見ていると
何とも切なくなりますねぇ。
投薬してからは少しずつ元気を取り戻し
ご飯もちゃんと食べていますよ~。
心配してくださって、本当にありがとうねっ。

投稿者 hako : 2007年07月18日 21:23

みな象さん へ
毎回、ご飯を勢い良く残さず食べていたのに
パタッと食べなくなってしまったのでおかしいと思いました。
「元気がない」のと、「いつもと違う行動を取る」のが合わさると
やはり何かがあると思って間違いないようですねぇ。(苦笑)
本当は肛門で体温を測るのが正確なのでしょうが
家では簡単にさせてくれない場合が多いらしいので
目安として、内股に触れてみると良いそうです。
ご心配いただいて、本当にありがとうございます。

投稿者 hako : 2007年07月18日 21:31

万母さん へ
この熱を見て、「これじゃ~食欲もないよね」と改めて思いました。
それでも、私が帰宅した時はいつものように尻尾を振って
熱烈歓迎してくれました。
こんなにも熱があったのに…。(涙)
少々であればしばらく様子を見るのですが
パタッと食欲がなくなってしまったので、おかしいと思いました。
ご心配いただき、本当にありがとうございます。

投稿者 hako : 2007年07月18日 21:36

エメラルドさん へ
思えば、熱があったであろうに普通に散歩をしましたし
可哀想なことをしてしまいました。(苦笑)
少々身体がだるくても、犬は普通に振舞おうとしますので
異変に気づくのが遅れてしまいがちだそうですが
食欲がパタッと落ちてしまったので
何だか嫌な予感がして、病院へ連れて行きました。
エメラルドさんは専用の体温計を用意しておられるのですね。
うちも、常備しておこうかしら?
只…肛門で測らせてくれるかどうかが不安ですが。(苦笑)
ご心配いただきまして、本当にありがとうございます。

投稿者 hako : 2007年07月18日 21:45

かりんちゃん、そんなに熱が上がってたんですね。
わんちゃんは、食欲でまず病気を疑い、後は熱ですね。
私も勉強になりました。
hakoさん、心が痛むでしょうね。
持って生まれた体質なども関係してると思いますよ。
気を落とさないで見守ってあげてね。

気だるそうなかりんちゃんを見てると、ずっと抱っこしていたいですね。

投稿者 miiba-ba : 2007年07月18日 21:46

かりん母さん へ
温かいお言葉、ありがとうございます。
そうですよねっ、私があまり暗くなってしまうと
かりんにもうつってしまいますものね。
「大丈夫!」って、自分にもかりんにも言い聞かせることにします。
ご飯も食べられるようになりましたし、少しずつ元気を取り戻しています。

投稿者 hako : 2007年07月18日 21:50

pankoさん へ
ご心配いただき、本当にありがとうございます。
お陰様で少しずつ元気を取り戻しています。
ご飯も普通に欲しがるようになりましたし
ご飯を食べて、薬を飲んでいれば大丈夫だと思います。
普段は、元気な姿を当然のことのように思っていますが
こうして病気をすると、健康のありがたさが身に沁みます。

投稿者 hako : 2007年07月18日 21:54

麦ママさん へ
急なことだったので驚いてしまいましたが
ご飯も普通に食べられるようになりましたし
少しずつ元気が出てきましたよ。
病気の時くらい「言葉が話せたら」と思うことはありません。
自分の体調の変化に戸惑っていると思うので
何とか安心させてやりたいと、一生懸命話し掛けています。
ご心配いただき、本当にありがとうございます。

投稿者 hako : 2007年07月18日 22:03

柴天さん へ
ご心配いただきまして、ありがとうございます。
今はまだ若いので体力もあるから良いのですが
歳を重ねてからが心配です。(苦笑)
気をつけて観察することが大切でしょうね。
さて、コレステロールのお話は興味深いですね~。
旦那さまにマッサージを教えてもらいに伺おうかしら?
新陳代謝が悪いのは私も同じなので
かりんと一緒にマッサージ…ですねぇ。(笑)

投稿者 hako : 2007年07月18日 22:08

miiba-baさん へ
私も病院で体温計の数値を見てビックリしました。
さほど酷くなくても、人間は身体の辛さを訴えますが
犬は本能的に体調の悪さを隠そうとするので
発見が遅れてしまいがちだそうですね。(苦笑)
この日も、仕事から帰ってきた私を見たら
辛そうに眠っていたにもかかわらず起き出して
一生懸命に尻尾をフリフリしてくれました。(涙)
お陰様で少しずつ元気を取り戻しています。
ご心配いただきまして、本当にありがとうございます。

投稿者 hako : 2007年07月18日 22:14

今はかりんちゃんの具合どうですか???
少しずつ元気なようになったようですが心配になっちゃいますね。。今日のかりんちゃんの絵はとてもつらそうです。。。
hakoさんもお出かけのときにはさぞ気がかりだったでしょうね。。
早く全快するといいですね。。
かりんちゃん、早くよくなってね。。

投稿者 ほそみち : 2007年07月18日 22:55

動物の病気はなかなか見つけられないですよね。
症状を言ってくれるわけじゃないですし・・・
それでも処置が間に合って良かった。

こういう言い方は良くないかも知れませんが
いつかは別れがあるとしても、出来るだけ
それを先延ばしにしていきたいのです。

家のマロも気をつけて見ておきます。

投稿者 杞憂 : 2007年07月18日 23:50

心配ですね。
最近ラッキーも食欲がない日がありました。
この記事を見ると、ラッキーも熱があるのかも知れませんね。
こちらも気をつけてやります。
早く良くなるといいですね。

投稿者 pentallica : 2007年07月18日 23:52

かりんちゃん、hakoさんが早く気付いてくれて、
獣医さんにも適切な処置をすぐにしてもらったので、
回復に向かっているのですね。ほんとうに良かったです。
ワンちゃんが「辛いよ」って言葉に出して訴えてくれれば、
どんなにいいだろう、って思っちゃいますよね。
そうできない分、私たちが配慮しなければならないのですね。

あずは普段から小食なので、食欲で異常を察知するのは
難しいので、その分、もっと気を付けなければ・・・。
かりんちゃんが早くよくなって、
hakoさんにも早く元気が戻りますように。♡

投稿者 あずき : 2007年07月19日 01:36

こんにちわ、
かりんちゃん、大丈夫ですか・・・

うちのララはこの年明け早々、緊急輸血を要するかも知れないほどの病気と闘い、家族と離れ、入院生活を余儀なくされました。
退院後も通院をくりかえし、おかげ様であれから半年、やっと普段の生活が出来るようになりましたが、食事はまだ病院指定のフードです。

物言わぬ、いえ、物言えぬ動物達のちょっとした異変に早急に気づいてやることの大切さを思いしらされた半年でしたが、それと同時にまだまだララのこと、知らなさすぎると反省しかりのワタクシでした。

うちのララもよほどカラダが辛かったのか、緊急入院前日は、我々から離れるように一人真っ暗な廊下や2階で静かにしていました・・・
きっと触られるのも煩わしかったのでしょうね、、

かりんちゃん、大丈夫ですヨ、
ララも元気になりましたし、今の動物医療は日進月歩、日々改良、そして進歩しています。

かりんちゃんママさんもお仕事なさっていらっしゃるからタイヘンでしょうが、体温も食欲ももちろんですが、オシッコの様子もその都度よく見ててあげると良いと思いますヨ、
私は病気をしてララがますます愛おしくなりました。

早く元気なかりんちゃんに戻りますように☆

投稿者 ララままデス : 2007年07月19日 01:45

ほそみちさん へ
ご心配いただき、ありがとうございます。
具合が悪い時は仕事を休んでそばにいたいと思うのですが
なかなかそういう訳にもいかず…。(苦笑)
物を言わない分、体調がどうなのかわかりませんし
元気に振舞おうとするので心配でたまりません。
今は食欲も出てきて、少しずついつもの姿に戻っています。

投稿者 hako : 2007年07月19日 06:40

杞憂さん へ
人間のように「痛い」などと訴えてくれれば良いのですが
本能的に痛くてもじっと我慢していたりするので
病気の発見が遅れたりもするようですね。
こうして毎日そばで過ごしていると
ちょっとした異変に気づき「?」と思うことがあります。
いつも様子をよく観察することが大切なのでしょうね。
ご心配いただきまして、本当にありがとうございます。

投稿者 hako : 2007年07月19日 06:47

pentallicaさん へ
ご心配いただき、ありがとうございます。
最近は気持ちが良いくらいご飯を完食していたので
全く口をつけなかった時は「おかしい」と思いました。
それが一度ならず二度も続きましたし…。
犬は具合が悪くても、本能的に隠そうとするそうなので
発見が遅れてしまうことも少なくないそうです。
言葉が喋れたら…こんな時は、特に思ってしまいます。

投稿者 hako : 2007年07月19日 06:55

あずままさん へ
今回は急性だったため、幸いにも気づくのが早かったのかもしれません。
動物は具合の悪いのを隠そうとするそうなので
発見が遅れることもありがちだと聞きました。
病気の時ほど、「言葉が喋れたら」と思うことはありません。
いつもしっかりと観察して、小さな異変を見逃さないようにすることが
病気の早期発見に繋がるのでしょうね。
あずままさんも、あずちゃんの闘病を目の当たりにされて
いろいろと勉強されたことも多いかと思います。
私も、勉強させられることの多さを改めて感じています。
ご心配いただき、本当にありがとうございます。

投稿者 hako : 2007年07月19日 07:05

ララままさん へ
ご心配いただいて、本当にありがとうございます。
ララちゃんは闘病生活を送っていたのですね。
その時の、ララちゃんとララままさんの気持ちを思うと
胸が締め付けられるような想いがします。
現在は普段の生活ができるようになったとのことで
ひと安心されておられることでしょう。
病気の時は、「言葉が喋れたら」と、切に思います。
身体は辛いはずなのに一生懸命に尻尾を振る姿は
何とも健気で胸が痛くなります。
おっしゃるように、身体が辛い時は独りでいたがるようですね。
静かにじっとしていることで体力を温存している感じがします。
さて、オシッコの件、アドバイスありがとうございます。
うちは外ですることが多いため色などがわかり難く
それが少々ネックになっているのは事実です。(苦笑)
気をつけて観察することにします。
今は、食欲も出てきて少しずつ元気になっております。

投稿者 hako : 2007年07月19日 07:14

やはりフードだけでいると病気の発見が早いのは本当ですね。食欲が落ちたら「異変」にすぐ気付きますからね。あれがふりかけなんかしてたら我がままで食べないのか?どうか?解りませんからねー。やはり肝臓の機能が低下していると皮膚にトラブルがでるようです。チロも同じです。かりんちゃん小さい頃あの家でおやつばかり食べていましたが・・そんな事関係無いよね?こんな小さい子に大きな骨ガムこんなに与えていいの~?と怖い気持ちでみていましたが・・。すいません・・心配させる様な事言いました。

投稿者 momomama : 2007年07月19日 08:44

momomamaさん へ
今までパクパク食べていたフードなのに
急に見向きもしなくなってしまったので「!?」と思いました。
それに、あまり動かずじっとしてばかりでしたし…。
肝臓の機能が低下していると皮膚トラブルが出るのですね。
かりんは肝臓や胆嚢に関する数値が良くないようですので
これからも注意する必要がありそうです。
いずにしても、早い時期にわかって良かったです。

投稿者 hako : 2007年07月19日 17:06