« 思い出写真館 -2- | メイン | 老犬の夏 »

思い出写真館 -3-

2007年08月20日

生後6ヶ月、かりんお得意の前歯が覗いた顔です。
この頃はオモチャで遊ぶ度に、この顔になっておりました。

karin_405.jpg

初めてこの顔を見た時の驚きと可笑しさは、今でも思い出すことができます。
「どうして笑うの?」と、キョトンとした表情がまたまた可笑しくて
母さんは笑いのツボにハマってしまったものです。

投稿者 hako : 2007年08月20日 07:18

コメント

ちっちゃな前歯はきちんと並んでますね~。
必死でおもちゃんで遊ぶのに力が歯に入るのかな?
hakoさんにとって、かりんちゃんの新しい発見が
楽しくてしょうがない時期ですね。
顔はまだまだ幼さがありますね。

投稿者 エメラルド : 2007年08月20日 08:01

かりんさん。。小さい頃からhakoさんを癒してたのね〜。
小さな仕草の1つ1つが、hakoさんのパワーになってたのかも♡
しかし,,,ワン子さん全般かなぁ〜??(解りませんが)
牙は、鋭いですが..他の歯は、、笑っちゃう位小さいですよね!!

投稿者 万母 : 2007年08月20日 09:55


もう夕方には、秋虫の声です。チンチロ チンチロ チンチロ鈴。
福来ッチです。
おっ、かりんチャン十八番のニンマリ顔やん(笑)この小首かしげたニィ~~が、たまらなく気にいってますよー生で見てみたいがなぁo(^-^)o
ニィィィ~~

投稿者 福来ッチ。 : 2007年08月20日 20:14

ちっこい歯がきれいに並んでますねー^^かわいっ!
かりんちゃんはこの頃、むくむくしてたんですね。
もこはこれくらいの時はひょろっとした感じでした。
今の方がころんコロンしてます><

投稿者 もこぴー : 2007年08月20日 20:27

この顔可笑しいですよね~かりんちゃんお得意の顔の一つです!噴出すやら可笑しいやら・・!子犬の時はあまり一緒に居られなくて・・hakoさんとこに来た時は、もう幼犬でしたよね。(3か月位でしたが)今のタバサが6か月・・ちょうどブログのこんな時期です。自分ちで産まれて、どうしていいのか?解らないうちに大きくなり・・5~6か月(大人の大きさ)になって、、困ってから捨てられるわんこが多いのです。もっと小さい子がいい=という気持ちは解りますが・・「助けたい気持ち」があれば・・そんなこと・・は・・。

投稿者 momomama : 2007年08月20日 22:00

このお顔はもうこのときからだったのですね☆
ずっとhakoさんのことを気にしているんでしょうね。
そんな感じがとてもする写真です。
ほのぼの♪

投稿者 ほそみち : 2007年08月20日 22:41

靴下を噛んで、興奮冷めやらず・・そんな感じですね!
笑うhakoさんを見て、何してるんだろうとホントにおもっていたんでしょうね、かりんちゃんは・・・
そういう日常・・・だんだんとお互い馴染んでくるのが楽しい頃ですね。

投稿者 pentallica : 2007年08月20日 23:11

エメラルドさん へ
オモチャをガジガジしているうちに上唇が歯茎に引っ掛かり
どうやら、それが戻らなくなった状態のようです。(笑)
ひとつひとつの仕草や表情が新鮮だった頃ですが
それと同時に、しつけが大変な時期でもありました。
この、あどけなさの残る顔を見ると
何とも懐かしい気持ちでいっぱいになります。

投稿者 hako : 2007年08月21日 08:35

万母さん へ
そうそう、そこにいてくれるだけで
その姿を見ているだけで幸せ一杯な私でしたよ~。
勿論、今もですけど。(笑)
夢の室内飼いが実現したので嬉しくてたまらなくって
スグそばにいてくれることの幸せを噛み締めてました。
さて、おっしゃるように立派な犬歯に比べて
前歯は本当に小さいですよねっ。
食事をする時は必要のない歯なのかもしれませんが
身体をガジガジする時などには活躍しているようです。

投稿者 hako : 2007年08月21日 08:41

福来ッチ。さん へ
オモチャをガジガジした後になる顔なのですが
この顔も昔ほどは見られなくなってしまいました。
ふと振り返った顔がこうなっていると
それはそれは可笑しくってたまりません~。
是非とも生でお見せしたいわぁ。(笑)

投稿者 hako : 2007年08月21日 08:57

もこぴーさん へ
この、ちっこい前歯はオトナになった今でも可愛いので
上唇をめくって触ったりしています。(笑)
柴系はムクムクして身体が丸っこい時期と
ヒョロッとしてキツネ顔な時期がありますよね。
うちはもう少し後で、スマートな身体つきになりました。
でも今は…結構ガッシリになってますわ~。(汗)

投稿者 hako : 2007年08月21日 09:03

momomamaさん へ
犬がこんな顔をするのは初めて見たので
当時は本当に驚いてしまいました。(笑)
かりんが1ヶ月~2ヶ月の頃は本当に可愛かったのだろうと
いつも頭の中で想像して楽しんでいました。
もっと仔犬から育てたいという気持ちはありましたが
日中は留守にしますから、ギリギリの月齢だったのかもしれません。
今思えば、「もっと仔犬がいい」と言って
見送ってしまわなくて良かったと、心から思っています。

投稿者 hako : 2007年08月21日 09:14

ほそみちさん へ
そうなのです、オモチャで遊んだ後は必ずと言って良いくらい
この顔になっておりました。(笑)
今はオモチャをガジガジすることが少なくなったので
あまり見られなくなってしまいましたが…。
お互いがまだ試行錯誤の毎日でしたので
楽しい反面、大変なことも沢山ありました。
でも、今思えば懐かしい思い出ですね~。

投稿者 hako : 2007年08月21日 09:21

pentallicaさん へ
夢中になってオモチャをガジガジしている時に名前を呼ぶと
大抵この顔でこっちを向いていました。(笑)
初めてこの顔を見た時の可笑しさは、忘れることがありません。
まだまだお互いに様子見の頃ですから
新しい発見のあるワクワク感に加えて、悩みもありました。
そんな時を経て、お互いの歩み寄りがあり
現在に至っていると思うと感慨深いものがありますね。

投稿者 hako : 2007年08月21日 09:28